芸能

尾崎豊、突然の死から30年 人気曲アンケート1位は『I LOVE YOU』

青山学院高等部に通っていた尾崎は、渋谷クロスタワー前の歩道橋で夕日を眺めていたという。三回忌となる1994年4月25日に歌碑が建立された

青山学院高等部に通っていた尾崎は、渋谷クロスタワー前の歩道橋で夕日を眺めていたという。三回忌となる1994年4月25日に歌碑が建立された

 1992年4月25日──日本のロックシーンを代表するシンガーソングライター尾崎豊が26才の若さでこの世を去った。それから30年……時を経てもいまだに色褪せない魅力を放っている。そんな尾崎の人気曲についてのアンケートを実施した(※『女性セブン』の読者、全国の20〜80代既婚女性1975人が回答、回答期間:2022年3月20〜23日)。

1980年代、異質な存在感を放っていた

 1983年12月、ひとりの高校生がデビューした。アルバム『十七歳の地図』は初回2234枚しか出荷されず、華々しいデビューとはいかなかったが、その後のライブ活動で爆発的にファン層を広げ、2ndアルバム『回帰線』はオリコン1位を記録。一躍スターダムにのし上がった。その青年こそ、尾崎豊だ。

「当時は、松田聖子や中森明菜が活躍するアイドル全盛時代。明るい楽曲が主流だったのですが、尾崎さんは、思春期の葛藤をリアルに歌い、若者の支持を集めた。とても異質な存在でした」

 とは、生前親交のあった音楽評論家の田家秀樹さんだ。

「尾崎さんが“10代の教祖”と呼ばれるカリスマになったのは、当時の世相も影響しています。1980年代は学生運動の轍を踏まないためにも学校の管理教育が厳格化。その弊害として校内暴力などが社会問題に。そこに“もう学校や家には帰りたくない”という思いを表現した尾崎さんの歌詞が重なりました」(田家さん)

 反抗の旗手とされた尾崎は、実際は真面目でやさしい青年だったという。

読者が愛した楽曲とは…?

 読者が愛した尾崎豊の楽曲ランキングの結果は以下の通り。1位『I LOVE YOU』、2位『15の夜』同票で3位『卒業』『OH MY LITTLE GIRL』、5位『僕が僕であるために』。『卒業』以外の4曲は、デビューアルバムに収録されている。

「これらは、10代の尾崎さんが作詞・作曲したデビュー作であり集大成。9年間の音楽活動で発表した曲は71曲ですが、その大半が、孤独で傷ついた人に寄り添う作品なんです」(田家さん・以下同)

 だからこそ、「傷ついたときに聴いて励まされた」という読者が多いのだろう。

「彼は傷ついている人の痛みを受け止められるか、常に自問自答していました。反抗の象徴とされましたが、実際は純粋でやさしい人。世間からの期待に応えきれなくなったことが、後の悲劇につながった部分もあると思います」

魂を削るようなライブに魅了された

 尾崎との思い出といえば、ライブは外せないという。

「私が最初に見たのは1985年1月の日本青年館でのライブ。表現したいことが体からあふれているようで、ステージに自分の血を塗りたくっているようにも見えました」

 そんな魂を削るようなライブはファンの間でも神格化される。その後、3rdアルバム『壊れた扉から』をヒットさせたものの、20才を迎え、方向性を見失う。そして無期限活動休止……。そんな苦難を乗り越え、1988年に結婚し、翌年に息子を授かる。

「父親の心情を歌った『誕生』という曲があります。それを聴くたび、父になった尾崎さんは、これからどんな歌を作るのだろう—そう思っていたのですが……。“そんなに早く死ぬなよ”と、いまでも思っています」

 死後30年経っても惜しむ心は変わらないという。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン