ライフ

【新刊】元ソニー会長・出井伸之氏が明かす逸話の数々『人生の経営』など4冊

book

時代を読む「敏」と企業内起業家精神。冒険した者こそ報われる

 新緑がまぶしいこの季節。フレッシュな気持ちで読書を楽しむのはいかがでしょうか? 注目の新刊4冊を紹介する。

『人生の経営』/出井伸之/小学館新書/880円

著者はソニーの社長や会長を歴任。退任後に会社を興し、84才の今も現役だ。直談判就職、技術者集団と“協歩”したCDやコンピュータの開発、追い出し部屋経験など波乱の逸話も面白いが、印象的なのは14人抜きの社長就任が1995年だったこと。ウィンドウズ95で世界がデジタルとグローバルに舵を切った年。後続世代にエールを送る。定年延長など喜ばず自分の価値を上げろと。

book

生皮をむかれたような性交の記憶。月島の小説への情熱に嘘はないが…

『生皮 あるセクシャルハラスメントの光景』/井上荒野/朝日新聞出版/1980円

小説講座での才能発掘に秀でた月島光一。咲歩は7年前、小説の奥義を授けるかのように月島から男性器を挿入された記憶に苦しみ、週刊誌に彼を告発する。咲歩、月島、月島の妻、芥川賞作家の洋子、〈#被害者は男〉とツイートする男子大学生など、当事者や関係者達の声をバランスよく響かせた多声小説。女性がセクハラに加担する事実から目を背けていない点もさすが著者。

book

30代で書いた『負け犬の遠吠え』。50代でかみしめる非法律婚の滋味

『家族終了』/酒井順子/集英社文庫/660円

5人家族の中、祖母、父、母、兄と逝き、一人残った著者。私的家族史を刻みつつ家族観の社会的変化を体験的に綴る。前者ではB.F.が沢山いた母上の女っぷりが天晴れ。後者では家事をする夫が今や妻の勲章。その妻達は事実婚の著者を“嫁をしなくていいなんて最高”と羨ましがるとか。少子化対策を唱えながら旧弊な家族観に固執するお上。事実婚推奨の著者に共感する。

book

父は処刑され母は自死したドイツの少女。ポツダム会談開催のその日、何が起こる

『ベルリンは晴れているか』深緑野分/ちくま文庫/990円

1945年7月、連合国統治下のベルリン。17才の少女アウグステの恩人が毒死する。彼女は恩人の甥に訃報を伝えようと、ソ連の大尉のそそのかしもあって、泥棒のカフカと共に旅立つ。ナチ、ユダヤ人迫害、孤児や浮浪児、レイプなどの戦争犯罪、ウクライナの地名も出るなど、まさに時宜を得た文庫化。リアルに再現された77年前に“歴史は繰り返す”の愚を思わずにはいられない。

文/温水ゆかり

※女性セブン2022年5月5日号

関連記事

トピックス

細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
投手は休養十分?“投高打低”の2022年プロ野球、コロナ禍ならではの事情も
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン