国内

亀井静香氏から玉木雄一郎氏へ「連立与党に加わるにはドスのきいた顔で尖れ」

亀井静香氏が、国民民主党の玉木雄一郎代表に向け提言(時事通信フォト)

亀井静香氏(右)が国民民主党の玉木雄一郎代表に向け提言(時事通信フォト)

 問題山積の日本の政界。しかし現役政治家たちの足取りは重い。政界の先達として亀井静香氏(85)が、国民民主党の玉木雄一郎代表に向け提言する。

 * * *
 国民民主党代表の玉木雄一郎は若手の国会議員の中で、将来の日本を背負っていける数少ない人材だと思っている。そんな人材はなかなか見当たらない。あとは武田良太や城内実ぐらいだな。

 今度の参院選で自民党はまあまあ勝つだろうが、新型コロナの問題もあり大勝ちはできないだろう。勢力が減れば、与党の国会運営にも影響を及ぼす。そこで国民民主党に出番が来る。私自身も経験があるが、連立与党の運営は2党よりも3党のほうが安定する。自公に国民民主が加わるのだ。

 その国民民主は、既に野党からテイクオフしている。与党の予算案に賛成したのだから、もう野党には戻れない。テイクオフして、これからどこまで飛んでいくのか、それが玉木の試金石となる。

 率直に言えば、自民党を飛び越え、自民党の右側から保守勢力を飲み込めばいい。具体的には、靖国参拝するなど右派の姿勢を明確に示す。そうして自民党の保守勢力を飲み込む立場となり、連立の一員になる。

 連立の場合、少数のほうがシャッポ(かしら)になりやすい。多数がシャッポになると少数政党は協力しない。少数政党の首相を多数政党が支えるような姿勢を取らないと、連立が成り立たないからだ。私がつくった村山連立政権もそうだった。

 そのセオリーで考えれば、国民民主が連立与党に入り、玉木が総理になる可能性が見えてくる。

 ただし、一気に玉木政権ができるわけではない。参院選後、すぐに総理が交代するわけではなく、岸田政権は続くでしょう。岸田総理はよくやっていると思います。支持率も良い。しかし、自民党を掌握、支配できていないことは明らかだ。だからこそ、岸田総理は玉木を取り入れることで、党内の反発勢力を牽制することができる。

 そういう状況をつくるには、玉木はもっと尖ったほうがいい。外交でいえば、今の国際情勢は大きく見ると米国のバイデンと中国の習近平が闘っている状態。そこにロシアのウクライナ侵攻があり、北朝鮮がミサイル攻撃能力を高めている。さてその中で日本はどうするのか。アメリカのポチを続けていくのか。日米安保も従来通りでいいのか。それについて玉木が、それこそ日米安保の解消、日本の自主防衛能力の強化などを唱えればいい。尖っているだろう。

 もちろん、相当の覚悟がいる。でも今の玉木は、柔い顔で優しそうなことばかり言っておる。もっとドスのきいた顔で、尖ったことを言うようにならんといかん。それができなければ、織田信長のように小さな存在で大きく伸びることはできん。

 それとかつての民主党の片一方、立憲民主党は泉健太というのが代表になったが、何をやっとるのか全く分からん。青空対話集会とかいうのを開いて国民の意見を聞くとか、政策公募なんかやっとるけど、政治家が国民に「何したらいいでしょうか」というのは本末転倒でしょう。国民に飯を食わせるために、俺はこうやるというのが政治家だ。玉木は、泉健太の立憲民主党を反面教師にしたらいい。

【プロフィール】
亀井静香(かめい・しずか)/1936年生まれ。国民新党代表、運輸大臣、建設大臣、金融・郵政改革担当大臣、自民党政調会長などを歴任。

※週刊ポスト2022年5月6・13日号

関連記事

トピックス

誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
佐藤浩市
佐藤浩市の役作り「どんな役でもプライベートな体験と重ねることはない」
女性セブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
「日本はいずれ存在しなくなるだろう」の真意は?(写真/AFP=時事)
イーロン・マスク氏「日本はいずれ存在しなくなるだろう」“衝撃予言”の真意
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト
悠仁さまはクラスに馴染もうとされているという(時事通信フォト)
悠仁さま「校内でも常に警護」 筑附名物行事中止で遠のく「高校デビュー」
週刊ポスト
2009年、映画『カールじいさんの空飛ぶ家』いい夫婦プレミアム試写会に出席した上島夫妻
上島竜兵さん、志村けんさん逝去後に呟くようになった「寂しさ」と家計を支えた妻・広川ひかるとの夫婦愛
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン