スポーツ

アシックスの新厚底発表にランナーは「何でこのタイミング?」 ナイキに勝てるか

アシックスの新厚底はスペインの「META: Time: Trials」で一斉に履かれお披露目となった(写真はアシックス社契約のモハメドレダ・アラビ選手のインスタより)

アシックスの新厚底はスペインの「META: Time: Trials」で一斉に履かれお披露目(写真はアシックス社契約のモハメドレダ・アラビ選手のインスタより)

 国内老舗スポーツ用品メーカーであるアシックス(本社・神戸市)の新型カーボン入り厚底シューズが発表された。「METASPEED SKY+(メタスピードスカイプラス)」と「METASPEED EDGE+(メタスピードエッジプラス)」の2商品だ。発売は6月、現行モデルに比べクッションフォーム材を約4%増やしたりカーボンプレートの形状を変えたりするなどの機能性目的の改良が加わった。

 ベストタイムを狙ったり最長距離に挑戦したりするなど“ランニングへの没入”を楽しむ人にとって厚底シューズの発売はモチベーションになることも多い。とくに、日本で長年履かれてきたアシックスの3年連続・第3弾の新作とあって注目度は抜群だが、ある厚底愛用派市民ランナーは首をかしげる。

「箱根(駅伝)や昨年12月の福岡国際(マラソン)でごく一部のトップ選手が履いたのは知っていたので、春前後の走りやすい時期に間に合うと思ったのですが、6月以降だとレースも少ない。4月24日のお披露目イベントは海外で行われ、観覧にいけないので仕方なくYouTubeで見ました。海外のほうが大きな市場なのはわかりますし、国内で作られているシューズなんか存在しないとはわかっていても、ちょっともやもやしますね」

 年末年始に箱根ランナーや実業団選手が履いたのは、World Athletics(通称・世界陸連)に昨秋に開発中登録された「METASPEED Sky2」で、今回の「+」とは若干名前が違うが、「公表されていませんが実は色違いの同じもの。あの時すでに『+』が完成していた」(ランニングシューズに詳しいジャーナリスト)のである。

 今回は発表に合わせ、エイリッシュ・マッコルガン選手(31。英国)ら海外のアシックスの契約選手が新型を履いて記録を目指すイベントがスペインで開かれた。シューズのPRなどを担ってもらうことで選手に最新モデルの提供と報酬を支払うが「契約は超トップ選手で1000万~2000万円が相場」(スポーツイベントに詳しいジャーナリスト)で、そうした契約を利用したお披露目イベントを国内で行うことも、同社に不可能とは思えない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト