国際情報

ノーベル平和賞の劉暁波氏のブロンズ像が香港から撤去 台湾で展示へ

劉暁波氏のブロンズ像が香港から撤去され、台湾に移されることが明らかに

劉暁波氏のブロンズ像が香港から撤去され、台湾に移されることが明らかに

 中国の民主化運動指導者でノーベル平和賞を受賞したものの、中国当局に軟禁され、がん治療中の2017年に死亡した劉暁波氏のブロンズ像が、香港から撤去され、台湾に移されることが明らかになった。香港メディアなどが報じた。

 香港では2017年に劉氏が亡くなった際、民主化運動支援団体を中心とした人々が資金を集め、劉暁波氏が椅子に座るブロンズ像を鋳造し、中国の民主化実現のために一生を捧げた劉氏に敬意を表した。

 ブロンズ像は当初、香港中心部の繁華街である銅鑼湾の複合ビル「タイムズスクエア」前に置かれていた。しかし、香港政府の圧力が強まり、中国の民主化推進団体である「中国愛国民主運動支援香港連盟」が昨年、解散に追い込まれたことで、ブロンズ像の撤去を余儀なくされた。その後、ブロンズ像は倉庫に入ったままになっている。

 これに知った台湾の民主化団体「中国民主協会」が今年6月4日の天安門事件33周年記念として、ブロンズ像を引き取って、台湾での民主化促進の講演会などで展示する意向を示した。同協会はその後、中国の民主化推進のための博物館を建設し、劉氏のブロンズ像も博物館に常設展示される予定だ。

 同協会の曾建元会長は「劉暁波氏のブロンズ像を展示することで、中国大陸でも、このような思想家や人権活動家がこれからも生まれ得ることをより多くの台湾の人々に知ってもらいたい。また、台湾の人々がこのことを認識し、中国の人権の発展をさらに願い、行動を起こすことを望んでいます」などと語っている。

 このような曾氏の発言について、香港ではネット上で「今年、香港大学に置かれていた天安門事件を描いた『恥柱』という彫刻が撤去され、さらに、劉暁波氏のブロンズ像が台湾に渡るなど、香港では民主化をテーマにした彫刻さえ、人間と同じように弾圧されてしまうのか」などと当局の民主化抑圧姿勢を皮肉るコメントが見られている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン