芸能

歌手・安奈淳の「最初の晩餐」 衝撃的においしかった洋食店のマカロニグラタン

晩餐

ホワイトソースたっぷりのグラタンは安奈淳さんの子ども時代の記憶が蘇る逸品(撮影/鈴木江実子)

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。歌手・安奈淳さん(74才)に聞いた。

年に数回の外食は家族との大切な思い出

 安奈さんにとってのごちそうは、どれも子供の頃の楽しかった思い出とセットになっている。

「外食をするのは年に数回。家族とおしゃれをして出かける、一大イベントでした。その頃は、家での食事は和食がほとんどでしたから、お店で食べる洋食は初めてのものばかり。だから、記憶にも鮮明に残っていますね」(安奈さん・以下同)

 育ったのは大阪府箕面市。当時は近くにレストランがなかったため、外食をするときは家族で神戸まで出かけたという。

「神戸・元町に『ハイウェイ』という洋食屋さんがあって、家族でお正月に行きました。そこで初めてグラタンを食べたのが、9才か10才の頃。ホワイトソースを口にしたのも初めてだったので、そのおいしさに衝撃を受けました(笑い)」

 父親の正月休みに合わせて家族で神戸に出かけ、出会ったのが、ホワイトソースたっぷりのマカロニグラタン。年に数回のイベント、子供時代の外食の記憶が蘇る一品だ。

「いまでも人生で一番のごちそうだったと思います」

 家でのごちそうは、母が作ってくれる中華系スープのチャプスイ。安奈さんが妹と一緒によく母にねだった料理だ。

「大きな水餃子とセットで食卓に登場するの。母の得意な、とてもおいしいスープでしたね」

 アメリカで生まれた中華料理のチャプスイは、八宝菜に似た料理。安奈さんの家では、汁が多めの中華風スープにしていたそう。

「豚肉、にんじん、もやし、白菜、しいたけ、それに春雨が入っていてとにかく具だくさん。少しとろみがあっておいしいの」

 家族で宝塚歌劇を観た日に食べたきつねうどん、初めて食べたステーキ、ちょっと贅沢な日のすき焼き……。おいしいにまつわる幸せな記憶は止まらない。

【プロフィール】
安奈淳/1947年大阪府箕面市に生まれる。1965年宝塚歌劇団に入団。花組の主演男役となり、1975年『ベルサイユのばら』のオスカルを演じ、一世を風靡。1978年『風と共に去りぬ』で退団。2000年に膠原病を患うが、療養を経て、現在は歌手として活躍の場を広げている。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト