芸能

ユーミン、デビュー50周年“音楽で稼ごうなんて考えない”自然体の70年代

ユーミン

7月でデビュー50周年を迎えるユーミンこと松任谷由実(写真/共同通信社)

 ユーミンの音楽を聴くと、そのときの自分、隣にいた相手、一緒に行った場所や会話まで思い出す──。昭和、平成、令和のいまも、常に第一線で活躍し続けている彼女は、どんな道のりを歩んできたのだろうか。デビュー50周年を迎えるいま、彼女と親交のある人々の証言とともに、振り返ってみよう。【全3回の1回目】

 7月5日でデビュー50周年を迎えるユーミンこと松任谷由実(68才)。これまでにシングル41枚、アルバム39枚を発売。なんと80曲以上が映画やドラマの主題歌になり、CMには100曲以上が起用されている。

 そして、現在は全国で60公演を超えるコンサートツアー『深海の街』の真っ只中。まったく年齢を感じさせないパワフルな姿を見せている。

 デビュー当時からつきあいのある音楽評論家で尚美学園大学副学長の富澤一誠さんは次のように語る。

「ユーミンはぼくより3才年下ですが、初めて会ったときから自信に満ちあふれ、大事な話をするときは、身を乗り出すようなタイプでした。

 そして、よく自分のことを“天才”と言っていました。それは、自分にそう言い聞かせていたようですが、まさに天才だからこそいまの若い世代にも刺さるんだと思います」

 富澤さんが言うように、3月にJUJU(46才)が、松任谷夫妻のプロデュースでカバーアルバムを発売して話題になったばかりだが、そのほか、この2年だけでも浜崎あゆみ(43才)やエレファントカシマシ・宮本浩次(55才)、原田知世(54才)らもカバー曲を歌っている。その影響力は歌手だけにとどまらない。ファッション評論家の生駒芳子さんは次のように語る。

「スーパー個性的で“モードの遊園地”のように見ていて楽しい。それでいて、取り入れたくなるようなものもあるからユーミンは憧れの存在であり続けていると思います」

 日本の文化に影響を与え続けてきたユーミンは、どんな軌跡をたどってきたのだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト