ライフ

CoCo壱番屋創業者の宗次徳二さんの「最初の晩餐」は骨まで味わったあじの塩焼き

(撮影/鈴木江実子)

宗次徳二さんの”最初の晩餐”はあじの塩焼き(撮影/鈴木江実子)

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。カレーハウスCoCo壱番屋の創業者の宗次徳二さん(73才)に聞いた。

空腹をしのぐための食事もすべて「おいしい」思い出

 幼少期を児童養護施設で過ごした宗次さんは3才で養父母に引き取られるが、その生活は大変厳しかった。賭け事好きの養父は、日雇いで稼いだ金をすぐに使い切ってしまう。岡山県玉野市に夜逃げするものの、養母は夫に愛想を尽かして家を出ていき、養父と2人の生活が始まる。

 米を食べられるのは3〜4食に1回ほどで、日頃の贅沢は卵かけご飯。空腹に耐えかね、うどん粉を練って焼いたり、イタドリという野草を食べたりすることもあった。そんななか、比較的お金があるときに食べたのがあじの塩焼き。1尾買って2人で分け合い、食べ終えた骨に湯を注いで、汁物として味わい尽くした。卵かけご飯の卵も養父と2人で1つ。かつお節を加えた溶き卵の上にご飯をよそうのが宗次さん流。「この方が食べやすいので、いまも続けています」と話す。

「何事も父が優先でしたから、私が食べるのは父の後。それでも嬉しかったし、特別おいしく感じました。終戦直後の当時は皆が貧しく一生懸命に生きた時代でしたから、父を恨んだこともないし、自分を不幸だと思ったこともない。むしろ、当時鍛えられた精神力が、その後役立ちました」(宗次さん・以下同)

 貧困生活を過ごした岡山は、宗次さんにとって人生の記憶が始まった場所。いまもときどき足を運び、市内の学校に楽器を寄付するなど交流を続けている。

【プロフィール】
宗次徳二/1948年に石川県で生まれ、3才のときに宗次姓の養父母に引き取られる。高校卒業後は不動産会社に就職し、1978年に『カレーハウスCoCo壱番屋』を創業。53才で引退した後は、愛知県に建設した「宗次ホール」でクラシック音楽に浸る日々を送っている。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連記事

トピックス

小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
プーチン大統領は何もかも秘密…(写真/イタルタス通信=共同)
「プーチン大統領の排泄物番」は出世コース ロシアの国家機密を守る超エリート
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト