ライフ

CoCo壱番屋創業者の宗次徳二さんの「最初の晩餐」は骨まで味わったあじの塩焼き

(撮影/鈴木江実子)

宗次徳二さんの”最初の晩餐”はあじの塩焼き(撮影/鈴木江実子)

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。カレーハウスCoCo壱番屋の創業者の宗次徳二さん(73才)に聞いた。

空腹をしのぐための食事もすべて「おいしい」思い出

 幼少期を児童養護施設で過ごした宗次さんは3才で養父母に引き取られるが、その生活は大変厳しかった。賭け事好きの養父は、日雇いで稼いだ金をすぐに使い切ってしまう。岡山県玉野市に夜逃げするものの、養母は夫に愛想を尽かして家を出ていき、養父と2人の生活が始まる。

 米を食べられるのは3〜4食に1回ほどで、日頃の贅沢は卵かけご飯。空腹に耐えかね、うどん粉を練って焼いたり、イタドリという野草を食べたりすることもあった。そんななか、比較的お金があるときに食べたのがあじの塩焼き。1尾買って2人で分け合い、食べ終えた骨に湯を注いで、汁物として味わい尽くした。卵かけご飯の卵も養父と2人で1つ。かつお節を加えた溶き卵の上にご飯をよそうのが宗次さん流。「この方が食べやすいので、いまも続けています」と話す。

「何事も父が優先でしたから、私が食べるのは父の後。それでも嬉しかったし、特別おいしく感じました。終戦直後の当時は皆が貧しく一生懸命に生きた時代でしたから、父を恨んだこともないし、自分を不幸だと思ったこともない。むしろ、当時鍛えられた精神力が、その後役立ちました」(宗次さん・以下同)

 貧困生活を過ごした岡山は、宗次さんにとって人生の記憶が始まった場所。いまもときどき足を運び、市内の学校に楽器を寄付するなど交流を続けている。

【プロフィール】
宗次徳二/1948年に石川県で生まれ、3才のときに宗次姓の養父母に引き取られる。高校卒業後は不動産会社に就職し、1978年に『カレーハウスCoCo壱番屋』を創業。53才で引退した後は、愛知県に建設した「宗次ホール」でクラシック音楽に浸る日々を送っている。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連記事

トピックス

かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の寸借詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
上島さんがよく歌った『ホームにて』とは
有吉弘行が上島竜兵さんに捧げた中島みゆき『ホームにて』 都会で踏ん張る2人を支えた一曲
女性セブン
高木菜那の爽やかな笑顔
スケート高木菜那に「可愛い!」の声殺到 天然系&大食いキャラで「新バラエティ女王」への期待
NEWSポストセブン
『夢対決2022とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』
とんねるずの復権はあるか? フジ新社長に「小港さん」港浩一氏内定で
NEWSポストセブン
侵攻間もない3月9日、首都キーウでは軍事演習が行なわれていた(写真=Reuters/AFLO)
ロシアによるウクライナ侵攻 「出口なき戦争」の現在地、その被害と損失戦力
週刊ポスト
再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
細田博之・議長の反論を聞いたが…(時事通信フォト)
細田博之・議長が歳費問題で反論「所得税や住民税も高くとられている」
週刊ポスト
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン