芸能

うつみ宮土理が懐かしむ母の味「運動会の太巻き寿司のお弁当」を再現

晩餐

うつみ宮土理さんの“最初の晩餐”は太巻き寿司

 幼い頃に戦中、戦後を過ごした人に、思い起こされる「人生最初のごちそう」。 日本が決して豊かではなかった時代、“最初の晩餐”は何であったのか。当時のエピソードと ともに、思い出の料理を完全再現。“おいしい”の記憶と共によみがえる物語とは──。女優・うつみ宮土理さん(79才)に聞いた。

家族で囲んだ母の味をうつみさんが再現

 運動会の日のお弁当は、決まって子供達の大好物の太巻き寿司だった。

「料理店の娘だった母は食材にもこだわり、巻き寿司には上等なのりを使っていました。私も近くの商店街まで、よくおつかいを頼まれたものです」(うつみさん・以下同)

 今回はその思い出の味を、自身が再現してくれた。

「朝、台所から包丁の音が聞こえたときのワクワク感といったら! 家族で太巻き寿司を囲んで賑やかに過ごしたお弁当タイムは、本当に楽しかったわ」

 玉子焼き、干ししいたけ、干ぴょう、にんじんといった具材から、すべて母親の手作り。玉子焼きは甘めの味付け、きゅうりは太めで食感をいかし、仕上げに金ごまを振る。うつみさんお手製の太巻きを、当時と同様、重箱に詰めてくれた。

【プロフィール】
うつみ宮土理/東京都生まれ。朝日新聞社『ディス・イズ・ジャパン』に勤務後タレントに転身し、子供向け番組『ロンパールーム』(日本テレビ系)でデビュー。1978年に愛川欽也さん(享年80)と結婚。“ケロンパ”の愛称で親しまれ、現在はラジオや舞台でも活躍する。

撮影/市瀬真以

※女性セブン2022年5月12・19日号

(撮影/市瀬真以)

ラジオや舞台でも活躍する女優・うつみ宮土理さん

(撮影/市瀬真以)

太巻きを作った時に出る端の部分はつまみ食いOK。「ここがおいしいのよ! 具材がご飯から飛び出すほど大きくお得感があって嬉しかった」

(写真/本人提供)

うつみさんが3才の時に撮影された、七五三の記念写真。幼い頃から食べることが大好きだったという(提供写真)

関連記事

トピックス

大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
吉澤ひとみ
吉澤ひとみ復帰計画報道 カギとなるのは「アルコール依存」対策への啓蒙活動か
NEWSポストセブン
安倍氏、麻生氏、菅氏は何を思うか(時事通信フォト)
岸田派ら主流3派と安倍派の対立で強まる二階俊博氏の影響力「副総裁で復権」はあるか
週刊ポスト
誰もが推し量れない、有吉の上島さんへの深い愛
上島竜兵さん、有吉弘行からの「53万円」オメガ高級時計を装着して出演した“勝負番組”
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作【4】
佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」
週刊ポスト
●
ジミー大西、画業30年を語る「さんまさんの後押し」と「芸術に救われた日々」
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
巨大ハプニングバー「眠れる森の美女」で押収された衣装など(時事通信フォト)
日本最大級のハプニングバーが摘発 業態そのものが「もう限界」の声
週刊ポスト
上島竜兵さんの言葉に松本人志氏は「深い」と言っていた
上島竜兵さん追悼で涙ぐんだ松本人志「“聞いてないよぉ”は画期的」と絶賛していた
NEWSポストセブン
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
真相は…
天心vs武尊の仕掛け人RIZIN榊原信行代表「反社交際音声流出」記事に反論【前編】
週刊ポスト