国内

朝ドラ『ちむどんどん』効果で横浜鶴見区の「沖縄タウン」が大盛りあがり

『ちむどんどん』の番組タイトルが描かれた「琉球泡盛」(写真/沖縄県酒造協同組合提供)

『ちむどんどん』の番組タイトルが描かれた「琉球泡盛」(写真/沖縄県酒造協同組合提供)

 横浜・鶴見で沖縄の食料品や雑貨を販売する「ぷからす家」の担当者が興奮気味に話す。

「『ちむどんどん』放送開始直前から販売を開始しました。入荷するとすぐに品切れになってしまいます」

 いま、飛ぶように売れているというのが、4月にスタートした朝ドラ『ちむどんどん』の番組タイトルがパッケージに描かれた「琉球泡盛」(600ml、1200円)だ。

 売られているのは、都内から電車で行ける横浜・鶴見区にある通称「沖縄タウン」。ドラマでは暢子が上京した後の舞台となる町だ。商店街には沖縄居酒屋や沖縄の食料品を扱う店が並んでおり、旅先のような気分を味わえる。

 町の始まりは100年以上もさかのぼる。明治32年、沖縄から初の移民団がハワイへ向かった。その際、寄港地の横浜で伝染病などの検査が行われ、渡航できなかった人たちが鶴見に残ったのだ。大正時代に入ってからは、沖縄から京浜工業地帯に出稼ぎに来た人たちが多く住み、「沖縄タウン」を形成した。

「放送直後から観光で訪れてくださるかたが激増しました。ソーキそばやサーターアンダギーなどドラマにも出てくる沖縄料理が人気を集めていますが、なかでも売れているのが泡盛です。ヤンバルクイナやハイビスカスなど、沖縄らしい動植物が描かれた箱がかわいいので、お土産にも喜ばれると思います」(ぷからす家担当者)

 製造元である沖縄県酒造協同組合の武田智さんは前出の泡盛の味について自信をのぞかせる。

「ほんのりと甘く、すっきりとした味わいが特長です。複数の酒造所の原酒をブレンドし、半年ほど寝かせて味をなじませています。炭酸で割ってシークワーサーの果汁をたらすと、さらに飲みやすくなりますよ。沖縄県内や鶴見の沖縄タウンのほか、ネットでも販売しています」

 放送開始直後から盛り上がっている鶴見の沖縄タウンだが、残念ながらロケは行われていない。それでも、鶴見沖縄県人会常務理事の並里典仁さんは笑顔で話す。

「ドラマは50年前の話なので、当時の様子を再現するにはセットでなければ難しいようです。県人会としては『ちむどんどん』のパネル展示などで、ドラマと地元を盛り上げていきたいと考えています」

 足をのばしてドラマの世界に酔いしれてみては。

※女性セブン2022年5月12・19日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン