• TOP
  • いだてん

いだてん一覧

【いだてん】に関するニュースを集めたページです。

星野源

星野源が『MIU404』で見せた“逃げ恥”とは違う新たな魅力

 野木亜紀子氏の脚本で、今クールのドラマの中で注目を集めているのが、星野源(39才)が綾野剛(38才)とダブル主演する『MIU404』(TBS系…

2020.07.07 16:00  NEWSポストセブン

4年半前に入籍していた…

大東駿介120分告白「子供3人います」、極秘別居婚の理由…

「家族をつくることが怖くて…でも子を堕胎する選択もできませんでした。彼女から妊娠を知らされたとき、『あなたは変われるの?』と聞かれて…

2020.06.04 07:00  女性セブン

『隕石家族』出演の北香那 ナゲット35個+ポテトLペロリ

『隕石家族』出演の北香那 ナゲット35個+ポテトLペロリ

 新ドラマやCMで大注目のNEXTブレイク確実な新星美女の素顔に超接近。ドラマ『隕石家族』に出演中の北香那(22)は、姉役の泉里香とは好対…

2020.05.16 07:00  週刊ポスト

高田文夫氏の願い「コロナよ、東京に笑いを届けさせてくれ」

高田文夫氏の願い「コロナよ、東京に笑いを届けさせてく…

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポス…

2020.04.07 16:00  週刊ポスト

井街さんは走り高跳びの元・日本記録保持者(提供/井街氏)

『いだてん』最後から2番目の聖火ランナーモデルが明かす…

 1964年東京五輪の聖火リレーには10万人もの走者が参加した(2020年は約1万人)。最終走者が、広島に原爆が落とされた1945年8月6日生まれの…

2020.03.28 16:00  週刊ポスト

新型コロナ拡大を受け地上波テレビ視聴率に異変(イメージ)

コロナ拡大でテレビ視聴率急上昇、報道・ドラマが牽引

 新型コロナウイルスの感染拡大が収まらない。政府が不要不急の外出の自粛を呼びかけ、各地でイベントの中止も相次いでいる。在宅率が上が…

2020.03.16 16:00  NEWSポストセブン

綾瀬はるか 父を亡くしていた、肺がん治療に寄り添った

綾瀬はるか 父を亡くしていた、肺がん治療に寄り添った

 都内に建つ築50年のヴィンテージマンション。ファミリータイプの部屋が多く、いまをときめく女優がひとりで暮らしているとは誰も想像しな…

2020.03.12 07:00  女性セブン

中村勘九郎と七之助で人気演目熱演、勘三郎さんに見せたい

中村勘九郎と七之助で人気演目熱演、勘三郎さんに見せたい

 放送作家、タレント、演芸評論家で立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポス…

2020.03.06 07:00  週刊ポスト

東京マラソン2019でハート型の紙吹雪が舞う中スタートするランナーたち。今年はこのような光景は見られない(時事通信フォト)

東京マラソン一般参加者出場取りやめ 五輪延期の可能性…

 3月1日に開催予定の東京マラソンについて、一般参加者の出場をとりやめ、エリート選手のみで実施すると発表された。東京五輪の男子代表選…

2020.02.17 16:00  NEWSポストセブン

女優の顔に新たなブーム、太鳳、架純、萌音&萌歌の共通点は

女優の顔に新たなブーム、太鳳、架純、萌音&萌歌の共通…

 最近、ドラマや映画などで活躍する女優の顔にはある特徴があるという。キーワードは「頬ふっくら」だという。その人気の秘密をコラムニス…

2020.02.12 07:00  NEWSポストセブン

まずまずのスタートを切った『麒麟がくる』

史上最高の「大河ドラマ」総選挙ベスト20

 主役級のキャストがずらりと揃い、緻密な脚本と豪華な演出で歴史という“大河”を1年かけて描く。NHK大河ドラマは1963年の開始以来、「テレ…

2020.02.06 11:00  週刊ポスト

太宰の子を身ごもる愛人・静子役を演じる沢尻

沢尻エリカ、大河撮影のため断酒し乗馬を熱心に練習して…

 凜々しい表情の長谷川博己(42才)の顔に『麒麟がくる』のタイトルが重なると一転、舞い上がる炎の前を、武士を乗せた馬が駆け抜けていく…

2020.02.05 16:00  女性セブン

番組公式HPより

大河の池端、昼ドラの倉本 大ベテラン脚本家がなお活躍…

 現在放送中の連続ドラマには話題作が多いが、その中には大ベテランとも言うべき高齢の脚本家が手掛けたものもある。世間ではリタイアする…

2020.02.02 07:00  NEWSポストセブン

沢尻エリカは待望の大河出演が幻に

大河『麒麟がくる』 “沢尻騒動”で過酷日程、別途報酬も

 少女ながら、男勝りの手綱さばきで馬に乗って城に駆けつける。城内ではしっかりと前を見据え、ドタバタと足音を立てながら父・斎藤道三の…

2020.01.24 07:00  女性セブン

NHK大河ドラマは「継続すべき」か「役割を終えた」のか?

NHK大河ドラマは「継続すべき」か「役割を終えた」のか?

 2019年NHK大河ドラマ『いだてん』は、様々な最低記録を更新した大河ドラマだった。最終回(12月15日)の平均視聴率は大河史上最低の8.3%…

2020.01.15 07:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

トピックス