ライフ

【書評】『地下出版のメディア史』表と裏を越境することで人文知は更新されるか

『地下出版のメディア史 エロ・グロ、珍書屋、教養主義』著・大尾侑子

『地下出版のメディア史 エロ・グロ、珍書屋、教養主義』著・大尾侑子

【書評】『地下出版のメディア史 エロ・グロ、珍書屋、教養主義』/大尾侑子・著/慶應義塾大学出版会/4950円
【評者】大塚英志(まんが原作者)

 梅原北明と聞けば、ぼくより上の世代はにやりとするだろうが、本書は八九年生まれの著者によって書かれ、その学術的意義や研究書としての細部への目配りには別の誰かが評価すればいいが、近頃、気になるのはこの研究のことを言うわけでないが、かつての「在野」で自明のことであった人や領域や事象がアカデミズムにあたかも新しいことのように「発見」される傾向だ。そして、それがあたかも従来の硬直したアカデミズムの更新に寄与するようにしばしば語られる。

 ぼくの世代の印象であれば、梅原北明やカストリ雑誌は、総会屋雑誌あたりで屈折しまくった左派だか右派だかわけのわからない人々が熱心に論じていた対象で、その上に得体の知れない「在野の」などと穏当に形容のしようのない怪物じみた蒐集家がいて、さらにその先に本当にそれらの雑誌を「愛好」する人がいて、ぼくの師である千葉徳爾などはその「愛好」のスレスレ一歩手前の感があった人だ。民俗学の学部講義で、切腹マニアの手記を持ち出され滔々と分析されてもなあ、と思った記憶がある。

 しかし、その千葉の師・柳田國男の名著『山の人生』には、平然と「変態心理」などという文字が躍るのだから千葉にすれば当然なのだ。別に世代的なマウントをとるつもりもないが、実は著者が「地下」「裏通り」とする領域と学問は実はもっと近くにあって、深く交わってきたように僕などには思える。

 その間に著者の上の世代が線を引き、そしてわざわざもう一度「越境」しなくてはならない環境が作られ、それも難儀だと同情もするが、そこで両者が渾然としていた世界のあり方は回復されるのかといえば、表と裏、アカデミックとそうでないものを所与としそれをたかだか「越境」することで何か人文知が更新される、という直近の上の世代の与える学術的世界像そのものが、実は、あなたが見るべきものを見えなくしていないか、と疑う必要もあるのでは。一般論として。

※週刊ポスト2022年5月20日号

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン