芸能

『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす

良原安美アナが魅せた素顔

良原安美アナが魅せた素顔

 4月から『サンデー・ジャポン』の新アシスタントに就任したTBSの良原安美アナウンサーが本誌・週刊ポスト5月20日号でグラビア撮影に挑戦した。撮影したスタジオの書棚に本を見つけると、良原アナは目を輝かせて駆け寄った。

「読書が趣味です。電子書籍も魅力ですが、私は断然、紙の書籍派! そもそも紙や活字が好きで、本が近くにあると安心するんです。ロケの合間など時間を見つけたら本を開きますし、読む時間がないとわかっていている日も必ず本を持って出社してしまうほど。今夜は目が冴えてしまって眠れないな……という時にも、本を読んで過ごすことが多いです」

『サンデー・ジャポン』でも初回の放送時は緊張感のあまり夜になっても寝付けず、やはり本を開いたそう。

「今は学生時代に読破した村上春樹さんの長編を読み直していて、2回目の家出中(『海辺のカフカ』)です。最近の作品では、本屋大賞を受賞された逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』が深く心に残りました。

 小説やエッセイが好きで、西加奈子さんの『この話、続けてもいいですか。』も読んだばかり。面白いエッセイは読みながらにやにやしてしまうので、家で読むようにしています(笑)。自宅では紅茶など温かい飲み物をたっぷりと用意して読み耽ります。お風呂にも持ち込むので、古本のようにふやけてしまった本がたくさんあるんです」

 紅茶を飲みながらゆったりと読書に没頭する良原アナの姿が思い浮かぶが、実際の姿はイメージとはちょっと異なり、密かな“悩み”も抱えているのだとか。

「5分としてじっとしていられない性格で、『ふぅ』とソファでひと息つこうとしてもすぐにちょこちょこ動いちゃうんです。ひとつのことに集中するよりも同時にあれこれやりたくなってしまって、本を手にストレッチポールや健康器具に足をのせて“ながらエクササイズ”をするとか、『サンジャポ』の放送を録画で振り返りながらラジオも聴いて、ごはんも食べるとか、なにかとせわしない。のんびりとした時間を楽しめる人に憧れがあるのですが、なかなか道のりは長そうです(苦笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン