良原安美一覧

【良原安美】に関するニュースを集めたページです。

良原安美アナ
『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす
 4月から『サンデー・ジャポン』の新アシスタントに就任したTBSの良原安美アナウンサーが本誌・週刊ポスト5月20日号でグラビア撮影に挑戦した。撮影したスタジオの書棚に本を見つけると、良原アナは目を輝かせて駆け寄った。「読書が趣味です。電子書籍も魅力ですが、私は断然、紙の書籍派! そもそも紙や活字が好きで、本が近くにあると安心するんです。ロケの合間など時間を見つけたら本を開きますし、読む時間がないとわかっていている日も必ず本を持って出社してしまうほど。今夜は目が冴えてしまって眠れないな……という時にも、本を読んで過ごすことが多いです」『サンデー・ジャポン』でも初回の放送時は緊張感のあまり夜になっても寝付けず、やはり本を開いたそう。「今は学生時代に読破した村上春樹さんの長編を読み直していて、2回目の家出中(『海辺のカフカ』)です。最近の作品では、本屋大賞を受賞された逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』が深く心に残りました。 小説やエッセイが好きで、西加奈子さんの『この話、続けてもいいですか。』も読んだばかり。面白いエッセイは読みながらにやにやしてしまうので、家で読むようにしています(笑)。自宅では紅茶など温かい飲み物をたっぷりと用意して読み耽ります。お風呂にも持ち込むので、古本のようにふやけてしまった本がたくさんあるんです」 紅茶を飲みながらゆったりと読書に没頭する良原アナの姿が思い浮かぶが、実際の姿はイメージとはちょっと異なり、密かな“悩み”も抱えているのだとか。「5分としてじっとしていられない性格で、『ふぅ』とソファでひと息つこうとしてもすぐにちょこちょこ動いちゃうんです。ひとつのことに集中するよりも同時にあれこれやりたくなってしまって、本を手にストレッチポールや健康器具に足をのせて“ながらエクササイズ”をするとか、『サンジャポ』の放送を録画で振り返りながらラジオも聴いて、ごはんも食べるとか、なにかとせわしない。のんびりとした時間を楽しめる人に憧れがあるのですが、なかなか道のりは長そうです(苦笑)」 おっとりした印象とはギャップがあって驚くと、他にも隠れたギャップを教えてくれた。「しっかりしているようにも見られますが、抜けているんです。例えば、紅茶を淹れようとしてうっかりティーバッグを破いて茶葉をまき散らしたり、出発時間を勘違いして大慌てで家を飛び出したり……。そんな調子なので、身近な人たちにはサザエさんぽいと言われています(笑)」 取り繕うことが苦手で、放送にもありのままで臨みたいと語った良原アナ。その言葉通り、『サンジャポ』ではゲストのトークに明るく笑い声をあげたり、時には憤りを交えて世相に疑問を呈したりと、場面に応じて素直な反応も見せる。グラビア同様、これからも良原アナの色々な表情を発見できそうだ。撮影/藤本和典 文/渡部美也
2022.05.15 11:00
NEWSポストセブン
入社5年目のTBS良原安美アナに密着
サンジャポ抜擢・TBS良原安美アナに密着「遅咲きの歩みでよかった。まだ私は蕾」
 日曜朝のジャーナリズム・バラエティ『サンデー・ジャポン』(TBS系)第8代アシスタントに4月から良原安美アナウンサーが抜擢された。入社5年目で初回から堂々とした進行に共演者が「面白くない」と“苦情”を漏らすほどの安定感を見せる。「実際は緊張感で張り詰めていて、翌日くらいまで興奮状態が続いてしまうほどなんです(苦笑)。それでも落ち着いた進行と感じていただけたのは、この春まで2年間お世話になった爆笑問題さんとのラジオのおかげです。多彩なゲストを迎える4時間の生放送で度胸もつきましたし、トークスキルや進行の間の取り方など、おふたりからたくさん学びました。爆笑問題さんとの絡みでは『やめてくださいよ!』を禁句にしています。それ以上広がらなくなってしまうので。放送は必ず振り返り、“話を振られて今日はこうリアクションしたけれど、他にはどんな返しができるか”など、今後に役立つメモを書きためています」 ニュースプレゼンターとして参加する報道番組『Nスタ』で培われた経験も、安定感に繋がっているのだろう。「台本だけに頼らず、自分の言葉を交えてわかりやすく伝える姿勢は『Nスタ』仕込みです。もともとはエンタメ情報番組志望でしたがラブコールは届かず、1年目は本当に仕事もなくて……。焦りですごく悩みましたが、こつこつ積み重ねてきた5年目の今だからこそ、『サンジャポ』でも自分が果たせる役割があると胸を張れるようになりました。今は逆に各駅停車的な“遅咲き”の歩みでよかったなって思うんです」 現在の開花状況は「まだまだかたい蕾」だと語る。「この仕事が心から好きなので実力を蓄えながら開花はなるべくゆっくりと、伝え手として長い命でありたいです。置かれた場所で自分の花を咲かせ、30代を迎える頃にTBSには良原がいると安心して見られるアナウンサーになれていたら嬉しいです」【プロフィール】良原安美(よしはら・あみ)/1995年10月9日生まれ、神奈川県出身。立教大学卒業後、2018年にアナウンサーとしてTBS入社。紙と活字とサウナを愛し、読書とサウナ巡りが趣味。ラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』などを経て、現在の担当番組は『Nスタ』(月・火)、『サンデー・ジャポン』。撮影/藤本和典 取材・文/渡部美也※週刊ポスト2022年5月20日号
2022.05.15 07:00
週刊ポスト
2018年入社で今年5年目を迎える良原安美アナ(写真/ロケットパンチ)
TBS良原安美アナ『サンジャポ』起用 局内で不安視される数年後のフリー転身
 テレビ局では4月の番組改編に伴って、人気番組の「アナウンサー人事」にも動きが見られた。3月13日に放送された『サンデー・ジャポン』(TBS系)で、アシスタントの山本里菜アナ(27)が3月いっぱいで番組を卒業することが発表された。その後任となる「第8代アシスタント」に抜擢されたのが、良原安美アナ(26)だ。 2018年入社の良原アナは今年で5年目。同期で朝の情報番組『ラヴィット!』に抜擢された田村真子アナ(26)らと比べるとやや“遅咲き”な感があるが、どのような人物なのか。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏が語る。「良原アナは学生時代に『ミス立教コンテスト』でグランプリ、『news zero』(日本テレビ系)でお天気キャスターを務めた“超エリート”です。容姿がカトパンに似ていると注目されていましたが、入社後のキャリアは意外にも『Nスタ』など報道番組中心でした。 ただこの経験はプラスに働いて、現在はしっかりした番組の取り回しに定評がある。『サンジャポ』MCの爆笑問題とはラジオ番組をやっていて“アミーゴ”と呼ばれるなど関係も良好です。最近は『水曜日のダウンタウン』に出演した際に、モデル顔負けの長身(171cm)にタイトなニット姿が“スタイル抜群”とネット上を騒がせた」『サンジャポ』のアシスタントといえばこれまで青木裕子(39)や田中みな実(35)、吉田明世(33)など、後にTBSを退社しフリーに転身した同局のアイドルアナが歴代務めてきた。卒業する山本アナも、番組内で週刊誌に交際相手と写真を撮られたことをたびたびイジられて知名度を上げた。 だが、その注目度の高さゆえ局内ではすでに数年後を不安視する声が上がっているという。「青木や田中みな実だけでなくアナウンス力・人柄ともに局内で高い評価を得ていた竹内香苗アナ(43)も退社するなど、とにかく辞めてしまった人が多い。歴代で社内に残っているのは山本と初代アシスタントの小倉弘子アナ(47)だけです。『あっと言う間に人気になってフリーになっちゃうんじゃないの』と気の早い心配を口にする社員もいましたよ」(TBS社員) 知名度が“ジャポン”全土に広まる日は近いか。※週刊ポスト2022年4月1日号
2022.03.22 16:00
週刊ポスト
新人女子アナがこれから続々登場、「未来のエース候補」の名は
新人女子アナがこれから続々登場、「未来のエース候補」の名は
 数千倍の倍率を通過して民放キー局に入社した新人女子アナが、テレビ画面にお目見えする季節がやってきた。「どの局もアナウンサーは約3か月の研修を受け、7月中には担当番組が発表されて配属になります。志望する番組に配属されるのか、研修期間の最後は期待と不安が入り交じった日々を過ごしている」(キー局社員) この段階で、早くも局内の期待を集め始めた“未来のエース候補”がいる。 かつて「女子アナ王国」と呼ばれたフジテレビで、“ポスト・カトパン”の呼び声高いのが、井上清華アナだ。フジ関係者が語る。「初めての公の場となった6月25日のイベントでは、挨拶で緊張したのか、『よろすこ……よろしくお願いしますッ』と噛んでいたが、先輩アナにイジられても恥ずかしそうに笑っているホワッとした性格。それでいて、社内で“色々教えてください!”と積極的に話しかける熱心さがある。あの愛嬌があれば、男女問わず人気が出るのではないか」 井上アナは、TBSに入社した良原安美アナとともに、学生時代から『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のお天気コーナーを担当した経験を持つ。日本テレビには、元乃木坂46のメンバー・市來玲奈アナが入社するなど、今年は“即戦力アナ”が目立つ。 そんななか、“ダークホース”が、テレビ朝日の住田紗里アナだという。同局関係者が明かす。「慶応大学では国際政治を学び、報道番組を志望している。アナウンス技術の評価も高い。最近はニュースを読まず“タレント扱い”の女子アナも少なくないが、住田はこれから努力すれば、ゆくゆくは『報道ステーション』のキャスターを任せられるような存在になるのではと期待されている」 テレビ番組での“本格デビュー”は間もなくだ。※週刊ポスト2018年7月13日号
2018.07.06 07:00
週刊ポスト
TBS新人・良原安美アナは元『NEWS ZERO』お天気キャスター
TBS新人・良原安美アナは元『NEWS ZERO』お天気キャスター
 毎年4月は民放各局からデビューする容姿端麗な新人女子アナたちが注目を浴びるが、その中からTBSに入社した良原安美(よしはら・あみ)の姿を、出身大学・立教大学の卒業式でキャッチした。 出身は神奈川県。立教大学では経済学部経済学科に在籍し、2015年には「ミス立教コンテスト」でグランプリに輝いた。 2016年にはフジテレビに入社した井上清華(いのうえ・せいか)と同じく、『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のお天気キャスターを務めていた。 元キャスター経験を活かし、TBSの看板女子アナになることができるか。※週刊ポスト2018年4月13日号
2018.04.06 07:00
週刊ポスト
元乃木坂の日テレ市來玲奈アナ、ポストミトちゃん候補筆頭株
元乃木坂の日テレ市來玲奈アナ、ポストミトちゃん候補筆頭株
 今年も「狭き門」をくぐり抜けた新人女子アナたちが、大学生活最後の日に艶やかな晴れ着姿を披露してくれた。各大学の卒業式には、未来の「看板アナ」を一目見ようと多くのファンが集まっていた。彼女たちはまだ学生ではあるが写真撮影やサインの求めに気さくに応じており、その堂々とした姿はすでに有名人の風格を漂わせていた。それもそのはず、今年は、女子アナの〝王道〟である有名大学のミスコン出身者や、タレント活動歴のある“セミプロ”が例年以上に多い年なのだ。 なかでも世間の注目を集めるのが、日本テレビに入社した国民的アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー・市來玲奈(いちき・れな)アナだ。千葉県出身の市來は、早稲田大学文学部出身で、女性アイドルグループ「乃木坂46」の元メンバー。アイドル活動のほか、女優としても多くの作品に出演した経験を持つ。好調日テレの「ポストミトちゃん」候補筆頭株だ。乃木坂46から初の局アナ誕生となった。 ミスキャンパスは女子アナの王道だが、NHKの宮崎あずさアナは規模でその“上”をいく「ミス日本コンテスト」の出身。「水の天使」に選ばれ、1年間にわたって活動した。 数少ない採用者のなかで経歴が“被った”のが、フジテレビの井上清華アナとTBSの良原安美アナ。2人とも学生時代に『NEWS ZERO』(日本テレビ系)のお天気キャスターを務めた経歴を持つ。スター揃いの2018年入社組。果たして女子アナ界の「新人王」に輝くのは誰か──。※週刊ポスト2018年4月13日号
2018.04.03 07:00
週刊ポスト
イケメンを投入する『みんなのニュース』(公式HPより)
報道・情報番組が「ビジュアル」強化 フジは日テレを意識か
 一昔前は、ニュース番組や情報番組にタレントが起用されるというのは考えられなかったが、今ではそれが一般化しつつある。しかも、ルックス抜群の人気女優やイケメン俳優たちが続々と登用されているのだ。この4月の改変期、報道・情報番組で顕著だった「ビジュアル強化」の動きについてテレビ解説者の木村隆志さんが指摘する。 * * * 春の改編期はテレビ業界にとって最大の節目であり、新番組や既存番組のリニューアルが多く見られる時期。今年は報道・情報番組にイケメンや美女が大量起用されるなど、ビジュアルを意識したキャスティングが目立ちます。 特に驚かされたのが、夕方放送の『みんなのニュース』(フジテレビ系)が日替わりコメンテーターとしてイケメン若手俳優を起用すること。月曜の鈴木勝大さんは戦隊シリーズ出身、火曜の渡部秀さん、水曜の白石隼也さん、金曜の永瀬匡さんは仮面ライダーシリーズ出身、木曜の中尾明慶さんは学園ドラマ出身のパパ俳優であり、「主婦ウケ」狙いは明確です。裏番組の『news every.』(日本テレビ系)がアイドルグループ・NEWSの小山慶一郎さんを起用して成功したことも起用理由のひとつでしょう。 深夜の新報道番組『ユアタイム~あなたの時間~』(フジテレビ系)のMCにハーフモデル・市川紗椰さんを起用したこともビジュアルを意識したキャスティング。また、同番組を経歴詐称騒動で降板したショーンKさんも、ビジュアルが起用理由の1つと言われていました。こちらもアイドルグループ・嵐の櫻井翔さん、女優の桐谷美玲さんと板谷由夏さんが出演する裏番組の『NEWS ZERO』(日本テレビ系)を強烈に意識しているのは間違いありません。ちなみに同番組もこの春から元ミス東大で元NHKアナウンサーの小正裕佳子さんを起用し、さらなるビジュアル強化を図っています。 その他の報道・情報番組での注目ポイントは、現役女性大生を起用した朝番組の新お天気キャスター。『めざましテレビ』(フジテレビ系)は早稲田大1年の阿部華也子さん、『ZIP!』(日本テレビ系)は立教大4年の長沢裕さん、『NEWS ZERO』は立教大2年の良原安美さんと青山学院大2年の井上清華さんの就任をそれぞれ発表しました。“現役女性大生”という着眼点が同じなのは、番組に多くの美女タレントや女子アナが出演する中で、「彼女たちよりも、初々しさと親近感のあるビジュアルを投入しよう」ということでしょう。「美女タレントや女子アナよりも、初々しさと親近感のあるビジュアル」という意味では、『スッキリ!!』(日本テレビ系)の新MCに就任したハリセンボン・近藤春菜さんも該当します。元non-noモデルである岩本乃蒼アナなど、もともと美女の多い番組でしたが、この春から新コメンテーターに本上まなみさんや久保純子さんなどの聡明な美女タレントを起用して、さらにビジュアル強化。そこに初々しさと親近感を感じる春菜さんを投入することで、いいコントラストが生まれています。 また、『めざましテレビ』の木曜レギュラーにHey!Say!JUMP・伊野尾慧さんが選ばれたのも、ビジュアル化を象徴するトピック。これまで、『ZIP!』のTOKIO・山口達也さん、『あさイチ』(NHK)のV6・井ノ原快彦さん、『ビビット』(TBS系)の国分太一さんとNEWS・加藤シゲアキさん、『週刊ニュースリーダー』(テレビ朝日系)のTOKIO・城島茂さん、『シューイチ』(日本テレビ系)のKAT-TUN・中丸雄一さん、『サタデープラス』(TBS系)の関ジャニ∞・丸山隆平さんと、朝の報道・情報番組だけでも多くのジャニーズ所属アイドルが起用されてきましたが、まだ25才と若い伊野尾さんが選ばれたのは、ビジュアル優先の流れを受けていると思われます。 こうして全体を見てみると、「日本テレビのビジュアル化は徹底していて、その流れをフジテレビが追いかけている」という図式に気づきます。ライト層も含め、多くの人々に見てもらうためにビジュアルの美しさは大切ですが、重視しすぎると「肝心の中身で勝負できない」と認めているようなもの。知識や視点で専門家に劣る美形タレントが感想のような薄いコメントをすると、せっかくのニュースや情報が台なしになってしまいます。 それだけにビジュアル化のポイントは、「美形タレントが猛勉強で一定レベルのコメント力を身につけられるか」どうか。「私は専門家ではないから」という逃げ腰のスタンスではなく、プライドを持って臨んでいることが伝われば受け入れられると思います。 もともと美形タレントは、性格の良さ、庶民的な感覚、挫折や苦労などを感じさせなければ親近感を抱かれにくく、視聴者との距離を縮めることは難しいもの。各番組とも単にビジュアル化を進めるのではなく、男性なら羽鳥慎一さんやDAIGOさん、女性なら宇賀なつみアナや山崎夕貴アナのように「ビジュアルの良さと親近感をどう両立させていくか」が成否の鍵を握っている気がします。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』などに出演。さらに、タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』など。
2016.04.04 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

紺色のお召し物だった紀子さま
紀子さま、悠仁さまに「悪夢の再来」 宮内庁17cm包丁送付事件、同封便箋には皇族批判
女性セブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の告発に有名歌舞伎役者たちが大慌て 関係が露見すれば廃業は必至か
女性セブン
逮捕された「RYO&YUU」
「バレないように森の中で」公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」が語っていた野外動画撮影の“対策” 実際には公園、海岸でも裸に
NEWSポストセブン
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
よくぞ言った!江口のりこがぶっちゃけたテレビのタブー「番宣出演は意味がない」
NEWSポストセブン
ゴルフをする女性芸能人が増えている(左は小島、右は鷲見。ともに本人のインスタより)
タイトなウェア姿を投稿しまくりの小島瑠璃子と鷲見玲奈「ゴルフ女子」枠巡る熾烈な戦い
NEWSポストセブン
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
ポスト和久田麻由子アナに浮上 「元東大ミスコン」堀菜保子アナ(27)の“大きな武器”
NEWSポストセブン
TBS・安住紳一郎アナウンサーの魅力の源は?(時事通信フォト)
「定年までTBSに」先輩・吉川美代子アナが期待する安住紳一郎アナのこれから
週刊ポスト
結婚を発表し、お相手を「建築会社」とした滝沢。「一般男性」とは言っていない
滝沢カレン結婚!「テラハ」出演“肉食系”ハーフモデルのどこに惹かれたのか
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
逮捕された「RYO&YUU」
公然わいせつ逮捕「RYO&YUU」、性的動画アップは「親公認」だった 22歳の女は愛知・香嵐渓で全裸に
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン