芸能

『サンジャポ』抜擢のTBS・良原安美アナ 「読書家」の素顔明かす

良原安美アナが魅せた素顔

良原安美アナが魅せた素顔

 4月から『サンデー・ジャポン』の新アシスタントに就任したTBSの良原安美アナウンサーが本誌・週刊ポスト5月20日号でグラビア撮影に挑戦した。撮影したスタジオの書棚に本を見つけると、良原アナは目を輝かせて駆け寄った。

「読書が趣味です。電子書籍も魅力ですが、私は断然、紙の書籍派! そもそも紙や活字が好きで、本が近くにあると安心するんです。ロケの合間など時間を見つけたら本を開きますし、読む時間がないとわかっていている日も必ず本を持って出社してしまうほど。今夜は目が冴えてしまって眠れないな……という時にも、本を読んで過ごすことが多いです」

『サンデー・ジャポン』でも初回の放送時は緊張感のあまり夜になっても寝付けず、やはり本を開いたそう。

「今は学生時代に読破した村上春樹さんの長編を読み直していて、2回目の家出中(『海辺のカフカ』)です。最近の作品では、本屋大賞を受賞された逢坂冬馬さんの『同志少女よ、敵を撃て』が深く心に残りました。

 小説やエッセイが好きで、西加奈子さんの『この話、続けてもいいですか。』も読んだばかり。面白いエッセイは読みながらにやにやしてしまうので、家で読むようにしています(笑)。自宅では紅茶など温かい飲み物をたっぷりと用意して読み耽ります。お風呂にも持ち込むので、古本のようにふやけてしまった本がたくさんあるんです」

 紅茶を飲みながらゆったりと読書に没頭する良原アナの姿が思い浮かぶが、実際の姿はイメージとはちょっと異なり、密かな“悩み”も抱えているのだとか。

「5分としてじっとしていられない性格で、『ふぅ』とソファでひと息つこうとしてもすぐにちょこちょこ動いちゃうんです。ひとつのことに集中するよりも同時にあれこれやりたくなってしまって、本を手にストレッチポールや健康器具に足をのせて“ながらエクササイズ”をするとか、『サンジャポ』の放送を録画で振り返りながらラジオも聴いて、ごはんも食べるとか、なにかとせわしない。のんびりとした時間を楽しめる人に憧れがあるのですが、なかなか道のりは長そうです(苦笑)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

北斗晶の長男が結婚、相手はレスラー
北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」
女性セブン
上白石萌歌の入浴シーンでSNSが騒ぎに
『ちむどんどん』上白石萌歌、川口春奈の入浴シーン炎上に「騒ぎすぎでは」の指摘
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
誤送金問題で逮捕の田口容疑者 犯行動機に潜む「授かり効果」
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
部屋の入り口に感染対策のビニールを張る女将・豊田弘子さん
【ルポ前編】ドヤ街・山谷の感染対策「やれることは徹底してやった」簡易宿所の奮闘
週刊ポスト
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン