スポーツ

佐々木朗希の投球動作解析 特徴は「バレーのスパイクのようなリリース」

佐々木朗希の投球動作を筑波大学硬式野球部監督の川村卓氏が解析(撮影/藤岡雅樹)

佐々木朗希の投球動作を筑波大学硬式野球部監督の川村卓氏が解析

 5月6日の福岡ソフトバンク戦に登板した佐々木朗希(20)は、6回91球で降板した。直球は48球で、そのうちの90%近い41球が160キロを超えた(平均の球速は160.7キロ)。彼の投球技術は何がどう優れているのか。

 国内における投球動作解析の第一人者で、筑波大学硬式野球部監督の川村卓氏は、高校時代の佐々木と対面し、動作解析によってアドバイスを送ったこともある。

「高校時代に比べ右足でプレートを深く、しっかりと押せていることが、安定してスピードを出すことにつながっている。股関節回りの筋肉、簡単に言えば体幹部がトレーニングによって鍛えられたことが大きな要因でしょう。左脚は踏み込む時に地面を強く押し返し、上体が骨盤に乗った状態ができあがっている。大谷翔平選手にも共通する動きですね。それによって腕が上から下に強く振れるようになっています」

 また、白球を握り込んだ右腕が頭部近くを通り、よりコンパクトな腕の振りに。

「佐々木投手の投球フォームの大きな特徴は、リリースポイントが非常に高い位置である点です。バレーボールのスパイクのように、背中をうまく反った状態から、高い地点でパチンと手首を返すような動きをする。これによって腕をムチのようにしならせている」

 一般的には、できるだけ前でリリースした方が打者との距離が近くなって効果的だと指導されるだろう。

「その方がボールに長く力を加えられますし、制球も安定する。それとは対称的にこの高い地点からのリリースは(身長190センチの)佐々木投手だからできる独特のものです。そして、上から下への軌道から、スーッと伸びてくる直球と、ストンと落ちるフォークがある。打者は見分けがつかないだろうなと思います」

 川村氏の解析でも、非の打ち所がないフォームであることが明らかになった。

【プロフィール】
佐々木朗希(ささき・ろうき)/2001年11月3日生まれ、岩手県陸前高田市出身。県立大船渡高校を卒業後、2019年のドラフト1位で千葉ロッテマリーンズに入団。4月10日に28年ぶりの完全試合と史上初の13者連続奪三振を達成した。

川村卓(かわむら・たかし)/1970年生まれ、北海道出身。札幌開成高校の3年時には主将として夏の甲子園に出場。筑波大学大学院体育研究科修了後、2000年に同大硬式野球部の監督に就任。現在は同大体育専門学群准教授を務め、日本の「動作解析の第一人者」として知られる。

取材・文/柳川悠二

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2022年5月27日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

目黒蓮
《独占キャッチ》目黒蓮がミラノでのFENDIコレクション参加 帰国時もジャケットとスニーカーはきっちりFENDIの“アンバサダーの鑑”
女性セブン
ギヨーム皇太子とがっちり握手(2024年6月、東京・港区。写真/宮内庁提供)
悠仁さま、英語力は「コミュニケーションは問題なし」 ルクセンブルクの皇太子との夕食会は“通訳なし”、NHKの英語副音声で勉強か
女性セブン
25年以上も趣味で歌い続けたジャズのコンサートを昨年行った吉川美代子
長野智子アナはラジオ帯番組で“アップデート”、吉川美代子アナはいまもTBSの研修を担当【女性キャスターたちの現在地】
女性セブン
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
《ダンスがつなぐ笑顔の交流》佳子さま、「ドレミファダンスコンサート」を鑑賞 マツケンサンバにあわせてボンボンを振られる一幕も
女性セブン
中尾彬さんの相続に関し、元妻が告白
【終活は万全に見えたが…】中尾彬さんに相続問題浮上 法定相続人である“元妻との息子”への連絡は一切なし、元妻が告白「怒っています」
Wエースの髙橋藍
バレーボール男子日本代表 石川祐希、高橋藍ほか注目選手たちの代表戦でしか見られないカット
女性セブン
ご出席がかなうかどうかはご体調次第(5月、栃木県塩谷郡。写真/JMPA)
雅子さまの訪英に主治医「極秘同行」か 全ての日程にご出席を果たして「完全復活」を証明するための“安心材料”に
女性セブン
大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン