芸能

大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと

大森南朋の笑顔を目撃

下北沢を訪れた大森南朋

 ゴールデンウィークに人々でごった返す東京・下北沢の街中を、出演舞台を終えて流行のファットバイク(太いタイヤのマウンテンバイク)で疾走していたのは、大森南朋(50才)。さすがは18才年下の女優小野ゆり子(32才)を妻に持つだけあって、被っていたデニム生地のキャップも含めて、私生活でも若々しいスタイルだ。劇場から出てきた際にも、関係者と満面の笑みで会話をしていて、絶好調をうかがわせた。

 この春は、テレビドラマで久々に話題に上った。

 4月11日スタートのNHK朝の連続テレビ小説『ちむどんどん』に、ヒロイン暢子(子供時代・稲垣来泉→女子高生時代・黒島結菜=25才)の父で、仲間由紀恵(42才)演じる優子の夫、比嘉賢三で出演。まだ沖縄が琉球政府時代だった1960年代。沖縄本島北部のやんばるの貧しい一家の、4人の子供と妻に優しい父を好演。2週目の月曜日、わずか6話目で亡くなってしまったが、それでもSNS上では「#賢三ロス」がトレンド入りするほどに、人気を博した。

 ある芸能関係者は「『ちむどんどん』第1週の金曜日には『あさイチ』のプレミアムトークにゲスト出演したこともあって、朝ドラ序盤の話題を独占しました」と解説する。

 大森は、2007年のNHKの大ヒット連続ドラマ『ハゲタカ』での、冷徹に日本企業を買収していくファンドマネージャー役でブレイク。その後も、NHK大河ドラマ『龍馬伝』(2010年)の武市半平太役、映画『アウトレイジ 最終章』での武闘派役など、主にコワモテ役で実力を発揮してきた。

「ただ、一昨年の連続ドラマ『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)での、癒し系のおじさん家政夫役では、従来をイメージを打破して、“おじキュン”という造語まで生み出す話題となりました」(前出・芸能関係者)

 舞踏家で日本屈指の悪役俳優だった麿赤兒(79才)を父に持ち、21才で俳優デビュー。息の長い活躍を続けてきて、2018年にNetflixで公開された映画『アウトサイダー』では、ハリウッド進出まで果たした。

 一方で、ロックバンド『月に吠える。』では、ボーカルとギターを担当して、2016年にはアルバムをリリースするなど、多才な才能を発揮している。

「僕にとって、仕事、人生っておもしろいこと探しの旅なんじゃないかって思います」

関連キーワード

関連記事

トピックス

安倍政権の年金改悪路線を引き継いでいる岸田文雄・首相(時事通信フォト)
岸田政権 アベノミクスの見直し打ち出すも、安倍氏の「年金改悪路線」は継承
週刊ポスト
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
元TBSの林みなほアナ(写真/時事通信フォト)
元TBS林みなほアナが離婚 TBSラジオ名物プロデューサーとの結婚生活は5年あまりでピリオド
NEWSポストセブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
米ロサンゼルスで警察官となった日本人女性YURI氏
LAポリス・YURIが7年ぶりに見た日本の姿「防犯意識の低さに驚きました」【前編】
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
さとう珠緒が「枕営業」などについて語った(写真は2009年)
さとう珠緒が暴露した枕営業の実態「権力のない人のほうが迫ってくる」
NEWSポストセブン
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン