スポーツ

北斗晶、長男の妻となった女子プロレスラー門倉凛に「彼女の勇気を買うね」

浮気したら、ただじゃおかないよ!

浮気したら、ただじゃおかないよ!

 現役時代の愛称は泣く子も黙る「デンジャラス・クイーン」。ママレスラーのパイオニアとして一世を風靡し、引退後は主婦タレントとして活躍する“鬼嫁”こと北斗晶が、長男の結婚や、新妻との嫁・姑の関係について語り尽くした。【前後編の前編】

「息子から相手の名前を聞いたときは真っ青になりましたよ。結婚? プロレスラー? えっ、私の先輩の弟子? 嘘だろ!ってパニック状態でした(笑い)」

 緊迫の瞬間を笑顔で振り返るのは、元プロレスラーでタレントの北斗晶(54才)だ。

 北斗は5月1日、一般企業に勤める長男の健之介さん(23才)が、人気女子プロレスラーの門倉凛(29才)と結婚したことを自身のブログで明かした。健之介さんは、北斗の夫、佐々木健介(55才)のブログにもたびたび登場する「健介ファミリー」の長男。

 一方の門倉は、プロレス団体「マーベラス」に所属するスター選手で、女子プロレス界のレジェンド・長与千種(57才)の愛弟子でもある。

「人生って何が起こるかわからないですよね。まさかプロレスラーが嫁に来るとは思わなかったし、まして凛ちゃんは私が尊敬してやまない先輩の弟子。長与さんにも『凛をよろしくお願いします』って頭を下げていただいたけど、むしろこちらの方が恐縮しちゃいますよ。

 でも、私は彼女の勇気を買うね。だって、結婚相手の親が同じプロレス業界で、しかも健介と北斗なんて私だったら絶対無理。おっかなくてビビっちゃうよ」(北斗・以下同)

 共にプロレス界の人気者だった北斗と健介が結婚したのは1995年。北斗はその後も海外を転戦し1998年に健之介さんを出産した翌年、リングに復帰。日本初のママレスラーとして活躍した。

「当時の女子プロレスは25才が定年で、結婚したら辞めなくてはならないという規則があったんです。悩んだ末に健介には『結婚とプロレス、どちらを取るかと言われたら、私はプロレスを取る』と言ったんですが、彼に『両方取ればいいんじゃない?』と言われてハタと気がつきました。酒やたばこが禁止なのはわかるけど、なんで恋愛や結婚がダメなんだろうと。ちょうどその頃、社会全体が女性が働くことに対して理解を示しはじめた時期だったこともあり、結婚して子供を産んでも、仕事ができるというところをリングに上がり続けることで示そうと思ったんです」

 出産後、北斗が身を寄せたのが前述の長与のプロレス団体だった。

「試合に出るギリギリまで健之介にミルクをあげて、哺乳瓶を置いて木刀に持ち替える目まぐるしい日々でした。長与さんは楽屋で小さい健之介をあやしてくれて、おもちゃを買ってくれたり、ものすごくかわいがってくれたんですよ。その長与さんの弟子と息子が結婚するなんて、奇跡のようなご縁ですよね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン