芸能

ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか

ニューヨークでさんまとツーショとを撮る綾部(公式インスタグラムより)

ニューヨークでさんまとツーショとを撮る綾部(公式インスタグラムより)

 渡米から5年経ち、ロサンゼルスに移住したことで再びゼロからのスタートとなる綾部。今後もやはり不安な要素ばかりだ。

「まだ英語もそこまで上達していないようだし、年齢は重ねているけど、アメリカでのキャリアはないままだし、成功への道はどんどん厳しくなっていく。何年後かには日本に帰ってくるしかなくなるかもしれないですね……」

日本でのポジションを確保するのも難しい

 もしも日本に帰ってきたとしても、綾部が活躍できる場があるかどうかはわからない。

「単純に5年以上のブランクがあるわけで、その間にお笑い界も世代交代が進んでいる。関係性の薄い後輩たちがバラエティー番組でMCをするようになっているなかで、綾部さんが自分のポジションを確保するのはかなり難しいと思います。YouTubeも最初に投稿した動画の再生回数が20万回くらい(5月23日時点)で、そこまで世間から注目されているとも思えない。アメリカでの実績なしで日本に帰ってきたならば、そのまま消えてしまうかもしれないですね」(お笑い関係者・以下同)

 しかし、それでも綾部が復活する道は残されているという。

「日本の芸能界からいなくなって5年も経っているのに、まだその動向がニュースになるというのは、実はすごいんですよね。注目度が下がったとしても、完全に過去の人にはなっていない。日本に帰ってきた時に、上手くイジってもらえる状況が作れれば、そこから再ブレイクすることもあるとは思いますよ。たとえば、ヒロミさんなんかは“半引退”の状態が10年近くあって、そこからまた超売れっ子に戻っているわけで、綾部さんもカムバックの可能性はゼロではない。“渡米”という人生をかけた“ボケ”を成立させられるかどうかがカギでしょうね」

 まだまだ前途多難な綾部のアメリカ進出。この夢物語は、どんな行く末となるのだろうか。

ニューヨークでさんまとツーショとを撮る綾部(公式インスタグラムより)

ニューヨークでさんまとツーショとを撮る綾部(公式インスタグラムより)

(2017年)

又吉らと夜の街を歩く綾部(2017年)

美女とタクシーに乗り込もうとする綾部

日本にいた頃。美女とタクシーに乗り込もうとする綾部(2015年)

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン