芸能

ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか

YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)

YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)

 2017年10月からニューヨークを拠点としている、お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二が5月19日、公式YouTubeチャンネル『YUJI AYABE from AMERICA』を開設。連日インタビュー動画を投稿している。

 渡米した当初は、5年間は沈黙を貫き、5年経ったところで成長した英語力を見せつけるという計画もあったという綾部だったが、思うように英語力は身につかず、かなり厳しい現状だ。また、インスタグラムについては「リアルでアップしているものは98%ない」とのことで、ニューヨークでの活動の全貌が明かされているわけではないようだ。

 綾部は渡米後、Netflixの料理番組『ファイナル・テーブル』で審査員を務めたほか、2本の小規模な映画に出演するなど、いくつかの仕事はこなしている。

「映画の出演といってもエキストラのようなもので、まったく結果を出せていないのと同じ状況でしょう。そもそも、日本で人気があったからといって、ほぼ無策の状態でニューヨークに行って成功できる可能性など、ゼロに等しいわけです。それは本人もわかっていたことだと思います」(芸能関係者・以下同)

 さらに、『【綾部祐二】Interview-Day4』という動画では、5年過ごしたニューヨークを離れて、ハリウッドがあるロサンゼルスに移住したことを明かした。

「ハリウッドでレッドカーペットを歩くのが目標だと話しているので、ロサンゼルス移住は自然な流れでしょう。特に最近はハリウッド作品のなかでアジア人が登場する機会もどんどん増えていますし、チャンスだけならそれなりにありますからね。ただ、その分アジア人の俳優も多く、オーディションを勝ち上がっていくのも簡単ではない。ここでもやはり英語力がネックになるでしょう」

 また、日本から芸人を呼び、アメリカでイベントを開催する計画も明らかにした。そのために、所属する吉本興業と話し合っているという。

「吉本の仕切りであれば、綾部さんプロデュースの公演を開催することはそれほど難しいことではない。吉本が本気でやろうとすれば、すぐにできるはず。もちろんコロナの影響もあるでしょうが、このイベントがなかなか具現化されないということは、綾部さんと吉本の間に温度差があるのかもしれない。アメリカで結果を出していない綾部さんがイベントを開いたとしても、アメリカではまったく話題にならないですからね。吉本としては、アメリカ国内での“綾部祐二”という名前の価値を上げてから、イベント開催しないと意味がないと考えているのかもしれません」

関連キーワード

関連記事

トピックス

小室眞子さん
小室圭さんの妻・眞子さん「7円エコバッグ」と「5000円クロックス」の赤コーデがオシャレ
NEWSポストセブン
豪快なスイングだけでなく怪我知らずなのも魅力の浅村(時事通信フォト)
FA戦線で西武・森友哉以上の「目玉」に 楽天・浅村栄斗の気になる去就
NEWSポストセブン
公暁を演じる寛一郎
『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目
週刊ポスト
安倍氏の父、晋太郎氏は竹下氏に敗れた(時事通信フォト)
自民党傍流派閥だった安倍派 支持基盤少ない中で旧統一教会の集票力に頼った
週刊ポスト
萩生田光一・政調会長
萩生田政調会長を「父のように慕っていた」元統一教会信者、今の思いは「ダッセーな」
NEWSポストセブン
aa
4年ぶり8月放送に戻ってきた『ほん怖』、夏放送のメリットとは?
NEWSポストセブン
“お忍び愛”が報じられた佳子さま(時事通信フォト)
佳子さまの“交際報道”で早くも懸念される「結婚式に小室圭さんは出席するのか」問題
週刊ポスト
2文字目はハートマークで消したが自由なタトゥーを楽しむ仲里依紗
仲里依紗は”放送禁止ワード”など20種類以上!日本人だけが動揺する芸能人のタトゥー問題
NEWSポストセブン
パーティー参加後の笑顔の森昌文氏(写真は2007年)
【全文公開】キャバ嬢に「脱げ!脱げ!脱げ!」 安倍氏国葬責任者、森昌文・首相補佐官が過去に参加した「大仁田厚主催の乱倫パーティ」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
パパ活飲酒の吉川赳議員、18歳女子大生が明かした「インターン」での口説きテク
週刊ポスト
帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン