芸能

上野樹里の”じぞ恋”ヨガファッションを真似したい!ヨガ監修者・密山礼巳さんに聞く7ルール

(C)TBS 火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』で上野樹里演じるヒロインのヨガインストラクター役のファッションが注目されている。

(C)TBS 火曜ドラマ『持続可能な恋ですか?〜父と娘の結婚行進曲〜』で上野樹里演じるヒロインのヨガインストラクター役のファッションが注目されている。

 上野樹里演じるヨガインストラクター・沢田杏花(きょうか)が、父とともにダブル婚活にチャレンジするドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系)。上野樹里扮する杏花のヨガウエアと普段着を組み合わせたおしゃれヨガファッションに注目した人も多いのでは? 

 しかし、簡単そうに見えて難しいのが”ヨガウエア×普段着”。一歩間違えば、部屋着? ちょっとだらしない? と、そのさじ加減がわからない……。どうしたら杏花みたいにヘルシーな着こなしができるのか。このドラマのヨガ監修を担当し、杏花のファッションについても制作側に意見を寄せているヨガインストラクター・密山礼巳さんに話を聞いた。

「ヨガウエアの上に重ね着」が基本スタイル

 新著『読むヨガ』で、ヨガのエッセンスを日々の生活に取り入れるコツも伝えている密山さん。

「ヨガのインストラクターは1日にレッスンを数本抱えていることが多く、その都度ヨガウエアを着脱していると大変です。なので、効率を考えて、ヨガウエアの上にゆったりめのワンピースを着たり、太めシルエットのパンツを履くことが多いんです」(以下カッコ内、密山さん)

 これは杏花ファッションにも反映されている部分。第1話の冒頭のシーンでは、慌ただしく、ヨガウエアの上にトレーナーを被るシーンが印象的だった。その後もドラマをよくよく注意して見ると、ヨガウエアの上にパンツを履いていたり、アウターを羽織っていたり…と重ね着スタイルを垣間見ることができる。

 そして、利便性だけでなく、ここ数年のファッショントレンドが「ヨガウエア×日常着」を後押ししているのもおもしろい点。ヌケ感やこなれ感など“キメ過ぎないおしゃれ”というムードが続いている昨今。ヨガウエアやスポーツアイテムを普段着にする「アスレジャー」というスタイルがトレンド入りしたりしている。

 「数年前のヨガウエアといえば、原色系や派手な柄物が主流でした。でも最近はワンカラーやくすみカラーのシンプルアイテムや、柄物でもトーンが落ち着いたものが増えている印象です。レギンスとして使いやすいヨガパンツも増えているので、より日常に取り入れやすくなっています」

 となれば、なおさら杏花のようなヨガファッションを楽しみたい! どうしたらおしゃれに着こなすことができるのか。

(C)TBS 柄物でも落ち着いたトーンの色合いが最近の主流。ドラマでもそんなトレンドがしっかり取り入れられている。

(C)TBS 柄物でも落ち着いたトーンの色合いが最近の主流。ドラマでもそんなトレンドがしっかり取り入れられている。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所、話題の「着物美人」と「溜席の妖精」の“共演”が実現していた
週刊ポスト
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
希望する人には個別応援もしてくれる。忙しくなる12月を乗り切れるように応援を頼む人もいた(撮影/井上たろう)
朝8時の駅前チアガールを陰で支える応援マンたち「誰かを応援する気持ちはリレーのように」
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
影山
すでに「やべっち超え」の声も なぜ影山優佳はサッカーファンに支持されるのか
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会と「本気で戦う人たち」ほか
NEWSポストセブン