スポーツ

今季「日曜日に2勝8敗」の巨人はV黄信号?「日曜に弱いチームは優勝できない」データ

日曜日に勝って、気持ちよく月曜日を迎えたいというファンは少なくないだろうが…(巨人・原辰徳監督。時事通信フォト)

日曜日に勝って、気持ちよく月曜日を迎えたいというファンは少なくないだろうが…(巨人・原辰徳監督。時事通信フォト)

 今年の巨人は、日曜日になかなか勝てない──。5月27日からの交流戦3連戦で、巨人は“BIGBOSS”こと新庄剛志監督率いる日本ハムに1勝2敗と負け越した。初戦は相手のエース・上沢直之に抑えられ、2戦目は中田翔の活躍で勝利したが、3戦目は原辰徳監督が今季初登板初先発の横川凱に託したものの4回途中で降板し、7対2で敗れた。巨人は現在、首位・ヤクルトを2ゲーム差で追う2位につけている(記録は5月29日現在。以下同)が、日曜日は2勝8敗と大きく負け越している。プロ野球担当記者が話す。

「今年の巨人はエースの菅野智之も本調子でなく、完投数はリーグ最少タイの2しかありません。6連戦の最終日である日曜はリリーフ陣の疲れがピークに達します。しかし、その日曜に先発する投手がイニングを稼げず、救援陣も打たれる。昨日の負けはその典型でした」

 5月29日までの日曜10試合の先発を見ると、赤星優志が5試合で2勝1敗、高橋優貴が4試合で0勝3敗(他に救援で1敗)、横川凱が1試合で0勝1敗となっている。他にリリーフの直江大輔、大勢がそれぞれ1敗している。

「赤星は新人ながらよくやっていますが、昨年11勝でチームの勝ち頭である高橋優が誤算です。4回もチャンスをもらいながら、5回以上投げたのは5月1日の阪神戦だけで、クオリティ・スタート(6回以上自責点3以下)が一度もない。先発陣が若返っただけに、実績のある投手が本調子にならないと、これから夏場にかけてチームは厳しくなると思います」

 過去5年の両リーグの優勝チームの日曜成績は以下のようになる。

●セ・リーグ
2021年:ヤクルト 13勝10敗2分
2020年:巨人 10勝9敗1分
2019年:巨人 12勝11敗1分
2018年:広島 14勝11敗
2017年:広島 15勝9敗1分
2016年:広島 15勝9敗1分

●パ・リーグ
2021年:オリックス 12勝11敗3分
2020年:ソフトバンク 11勝8敗0分
2019年:西武 15勝10敗
2018年:西武 16勝9敗
2017年:ソフトバンク 16勝10敗
2016年:日本ハム 17勝8敗1分

 見てわかる通り、日曜に負け越している球団は1つもない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン