国内

パパ活・吉川赳議員、辞職せず 自民の悪しき伝統“こっそり復党”は繰り返されるのか

2人は店を出てタクシーへ

店を出てタクシーへ向かう吉川議員。女性は18歳だった。その後、説明責任問題などは残り、いまも、議員辞職はしていない

 本誌・週刊ポストで〈パパ活「飲酒」現場〉を報じられた“岸田派のホープ“吉川赳・衆院議員。18歳の女子大生に汐留の焼き肉店で酒を飲ませ、お台場の高級ホテルでともに過ごし、「4万円のお小遣いをいただいた」という彼女の証言も含めて当夜の一部始終を詳報すると、永田町には激震が走った。

 吉川氏は自民離党を表明した後、雲隠れを続けており、議員辞職も会見で説明をする意向もないと報じられている。吉川氏をかばったことで、岸田首相の足元には火がついている。

「吉川は選挙に弱いから、離党して自民党の看板がなくなった以上、もう将来はない。党内はみんなそれをわかっている。それなのに岸田総理がクビを切れなければ、党内の批判は総理に向かう。総理も参院選の議席を減らしてまで吉川と心中するわけにはいかないだろう」(自民党ベテラン議員)

自民党の“悪しき伝統”

 吉川氏が逃げ回ったのは、自民党には不祥事議員を表向き「離党」させて批判をかわし、ほとぼりが冷めた頃にこっそり復党させて救済する“悪しき伝統”があるからだ。

 最近ではコロナ禍の「銀座クラブ通い」を批判された松本純氏、田野瀬太道氏、大塚高司氏の“銀座3兄弟”のケースがある。3人は昨年2月に役職辞任のうえ自民党を離党。無派閥だった大塚氏は昨年10月の総選挙出馬を断念したものの、残る2人は無所属で出馬し、森山派の田野瀬氏は当選して自民党から追加公認を受けて復党した。

 麻生太郎・副総裁の側近として知られる松本氏は落選して議員バッジを失ったが、選挙からわずか2週間後に自民復党が認められ、非議員ながら「自民党副総裁特別補佐」に就任している。

“派閥の加護があれば、一度離党しても面倒を見てくれる”──現職総理という強力な後ろ盾を持つ吉川氏がそう計算したとしても不思議ではない。

 政治ジャーナリストの野上忠興氏が指摘する。

「現在の国会議員の多くは政党の力で当選しており、無所属でも勝てるほど有権者の強い支持を受ける政治家は極めて少ない。だから不祥事を起こした自民党の議員は離党しても派閥や実力者に頼って議席を守ってもらおうとするし、野党で離党した議員は党を渡り歩いてでも任期いっぱい議員を務めようとする者が多い。いずれも国会議員として選んでくれた有権者の負託に応えるために議席にしがみついているのではなく、高額な議員歳費と議員特権を手放したくないからでしょう」

 そんな議員は必要ないのだ。

※週刊ポスト2022年7月1日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン