芸能

『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?

『相棒』起用が発表された寺脇康文

『相棒』起用が発表された寺脇康文。注目される登場シーン

 水谷豊(69才)主演の『相棒season21』(テレビ朝日系)の新シリーズに、初代相棒・亀山薫役の寺脇康文が起用されることになり、相棒ファンが沸いている。詳細はまだ発表されてないが、注目の登場シーンはどうなるのか? これまでのこのシリーズをチェックしてきたコラムニストのペリー荻野さんが予想する。

 * * *
『相棒』Season21、五代目の相棒に亀山薫(寺脇康文)復活で、大盛り上がりの今日この頃。単発ドラマ時代からこのシリーズを見て、現場取材やインタビューもさせてもらった身としては、とても楽しみだ。

 そこでここでは、14年ぶりに復帰する亀山薫がきっと見せてくれるであろう「名場面」を勝手に予想したいと思う。

 まずは復帰のいきさつ。Season7、警察を辞め、国際奉仕活動をしていた友人の遺志を継ぐため、薫は元新聞記者の妻・美和子(鈴木砂羽)と共にサルウィン国へと旅立った。その薫が、どうやって「特命係」に戻ってこられるのか。そこで期待できるのが、警察学校で再教育を受けるシーン。そうです。シリーズ初期のころから、捜査からはじかれる特命係に協力を惜しまなかった鑑識課の米沢守(六角精児)は、Season14で異動となり、現在、警察学校の教官。冠城亘(反町隆史)卒業のSeason20では、遺体の第一発見者となって、右京らととともに4年4カ月ぶりに“捜査”し、特命係とのつながりを感じさせたばかり。薫と再会する可能性は十分ある。せっかちでカッカしやすい薫に、米沢教官はいつものように淡々と接するはずだ。

 続いて、薫の「外見」。どんな立場での復帰になるかはわからないものの、いきなり以前と同じ、フライトジャケットとは思えない。はじめはスーツ?制服?で現れ、いざ、右京と事件を追うとなった瞬間、フライトジャケット姿に変身! そんな薫をにこにこと見守る右京、苦い顔で見つめる捜査一係の伊丹(川原和久)を見てみたい。

 三つ目は14年で複雑化した事件や進化した捜査法などと、薫がどう向き合うか。なにしろ、右京はアナログ派で知られ、ガラケーからスマホに代わったのはSeason13。薫とスマホでやりとりしながらの仕事だけでも「新しい」ことになる。その上、近年のシリーズでは、サイバーセキュリティ特別捜査官の青木年男(浅利陽介)が、冠城を一方的に敵視し、特命係にからんでくる。どう見ても馬が合いそうにない薫と青木が、どんな関係になるのか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

帰国することとなるのか…
小室圭さん、3回目不合格なら日本の法律事務所復帰も 帰国を望まない眞子さんとのすれ違い
女性セブン
X社が開発を進める宮古島の土地。1200坪は東京ドームと同じ広さだ
大野智、宮古島巨大リゾートビジネス 信頼を寄せるパートナーとの関係に周囲の心配
女性セブン
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
羽生結弦、YouTube練習生配信で会場にファン詰めかけるトラブル マナー悪化に懸念
女性セブン
極秘出産していたことでさまざまな意見が飛び交っている
【先出し全文公開】あびる優、極秘出産の内幕 前夫の才賀紀左衛門には知らせず「独身フリー、やっぱり楽だよ」
女性セブン
ロコモコ丼もペロリとたいらげるという桐谷
桐谷美玲 ”ロコモコ丼2人前をペロリ”子育てと仕事の両立を支える「旺盛すぎる食欲」
NEWSポストセブン
自身の入局当時と今の現場の違いを語る元日本テレビ・馬場典子アナ
【全6局「人気女子アナ」同窓会#4】先輩から見た水卜麻美アナ、弘中綾香アナの評価
週刊ポスト
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
サプライズゲストは松任谷由実 林真理子氏の日大理事長就任祝賀会に小泉元首相、鈴木亮平らが集結
女性セブン
吉羽美華容疑者(ブログより)
詐欺逮捕の美しすぎる市議、主犯48歳男から渡されていた“40条の愛の誓約書” 「やきもちも表現する」「愛情を無垢に与える」
NEWSポストセブン
東海オンエアのてつや・きりたんぽ・峯岸みなみ(写真/時事通信フォト)
峯岸みなみが結婚報告、お相手・東海オンエアてつやとの「キス動画」流出で活動休止のきりたんぽにさらなる同情が集まった理由
NEWSポストセブン
平田徹氏
横浜元監督・平田徹氏が明かす「退任の無念」とPL学園元コーチとの“再出発”【前編】
NEWSポストセブン
平手友梨奈と竹内涼真
平手友梨奈の演技に竹内涼真が気遣い 『六本木クラス』撮影現場の和気あいあい
NEWSポストセブン
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン