国内

ボーナス支給の“パパ活”吉川赳議員と「連絡取れる」金子惠美氏がバラして波紋

紙袋を持った女性とともに焼き肉店を後にする吉川氏

女性とともに焼き肉店を後にしホテルへと向かう吉川氏は、期末手当を受け取り、「連絡」に関しても…

“パパ活”で18歳女性に飲酒させたと報じられた後、離党しただけで議員辞職せず雲隠れを続ける吉川赳・衆議院議員。6月30日には、国会議員の夏のボーナスにあたる「期末手当」約290万円が支給された。

 吉川氏は自民党時代、岸田派に所属していた。岸田文雄首相は「一刻も早く国民への説明責任を果たすべきだ。説明責任を果たせないなら、これはもう国会議員としての進退に直結する問題になる」と記者会見で述べたが、自民党内からは「本人が連絡取れないんだからしょうがない」(自民党ベテラン議員)と幕引きムードが広がっている。

 果たして連絡が取れないというのは本当なのか。元衆議院議員の金子恵美氏が6月25日放送の読売テレビ「今田耕司のネタバレMTG」に出演。吉川氏から連絡があったことを明かしたことが波紋を呼んでいる。

 吉川氏と当選同期の金子氏によると、報道が出る2日前、静岡で県議会議員を交えて会食する予定だったが、不祥事が明るみに出たためキャンセルとなり、金子氏と夫の宮崎謙介氏に連絡があったという。

 さらに金子氏は、夫妻で今でも定期的に吉川氏と連絡が取れていると明かし、「ただ、なかなか接触したくない人からは電話を受けてない」「彼も(精神面の)波があってね、いろいろ報道されたことで、落ちたり上がったりという状況もあるので、落ちてるときに夫なんかは電話してますけど。『変なこと考えるなよ』と、自分が経験者だから言ってます」と明かした。
 
 思わぬかたちで吉川氏が連絡を取れる状況にあることが明らかになり、永田町界隈では岸田首相や自民党の対応に疑問の声が上がっている。ベテラン政治ジャーナリストは言う。

「金子夫妻が連絡を取れる状況にあるのなら、彼らをメッセンジャーにして吉川氏に対応を求めることもできるわけです。岸田総理の周辺や自民党執行部が言っている『連絡が取れないからどうしようもない』というのは言い訳に過ぎないことがはっきりしました。ボーナス支給でさらなる批判が国民から起きている以上、このまま幕引きに持っていこうとするのは難しいのではないか」

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン