芸能

『鎌倉殿の13人』源氏滅亡の鍵を握る公暁 “寛一郎が太刀を振るうシーン”に注目

公暁を演じる寛一郎(時事通信フォト)

公暁を演じる寛一郎

 ついに北条家の最大のライバルである比企一族が滅亡させられ、物語はクライマックスに突入しようとしているNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。ますます熾烈な権力闘争を楽しむために、後半戦に残された「謎」を専門家が解説する。

誰が源氏を滅ぼしたのか

 源平の合戦に勝利した源頼朝(大泉洋)が鎌倉幕府を開き、源氏は権力の頂点に立った。しかし実朝の暗殺により、わずか3代で途絶えてしまう。

 史実では、実朝を殺したのは、頼家の遺児である公暁(寛一郎)だ。鎌倉時代に詳しい歴史学者の細川重男氏が解説する。

「2代将軍を務めた父・頼家が追放され、幽閉先の伊豆で暗殺された公暁は北条家に並々ならぬ恨みを抱き、北条家がバックにつく実朝を殺すテロ行為に及びました。犯行時、満年齢で19歳だった公暁の中では“父の仇を取ることが正義”となっていたはずです」

 実朝暗殺には様々な「黒幕説」がある。

「義時の盟友の三浦義村(山本耕史)は公暁の乳母夫でもあり、公暁から味方だと思われていました。公暁は実朝殺害後、その首を三浦家に持参しようとしたことからも『三浦義村黒幕説』が唱えられます。『義時黒幕説』や『後鳥羽上皇黒幕説』もありますが、実朝を殺しても誰にもメリットはない。私は公暁の単独犯行とみています」(同前)

 時代劇研究家のペリー荻野氏は実朝暗殺をどう描くかに注目する。

「多くの陰謀が渦巻く鎌倉で、公暁が将軍暗殺という大事件を単独で起こすワケがありません。しかも今作の後半は老獪な中高年が若い人を翻弄する構図なので、公暁も最後は誰かに裏切られると予想します。

 1979年の大河ドラマ『草燃える』では、三浦義村が公暁を利用して実朝を殺し、それから公暁を成敗して手柄を挙げました。その時は三浦が打倒北条を狙う人物として描かれましたが、今回の山本耕史さん演じる三浦義村は今のところ義時の味方としてクールに振る舞っています。この先、三浦がどうなるか見ものです」

 そして源氏滅亡の鍵を握る公暁を演じる寛一郎にも注目する。

「父親は佐藤浩市、祖父は三國連太郎というサラブレッド俳優。大柄な寛一郎さんが実朝に太刀を振るうシーンはド迫力になるでしょう」(同前)

※週刊ポスト2022年9月2日号

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト