国際情報

台湾金門島に飛来した中国製ドローンに兵士が投石 防衛体制に波紋

中国製ドローンが台湾軍基地の上空に飛来したところ…

中国製ドローンが台湾軍基地の上空に飛来したところ…

 中国大陸から約6kmしか離れていない台湾の離島・金門島の台湾軍基地の上空に中国製ドローンが飛来したところ、2人の台湾兵士がドローンに向かって投石。その様子を撮影した動画が中国の中国版短文投稿SNS「微博(ウェイボー)」に投稿され、「台湾軍は石で武装している」などとの揶揄が掲載された。

 動画は台湾でも拡散し、市民から「何たる侮辱」「許しがたい」といった怒りの声が寄せられたことで、台湾国防部(日本の防衛省に相当)は、来年には金門島に最新鋭のドローン防衛システムを構築するなどとの声明を発表し、大きな話題を呼んでいる。台湾各紙が報じた。

 この動画は8月16日、金門島の対岸に位置する中国福建省厦門市(島)の民間会社が撮影したもので、これを見た中国のあるフォロワーは「ご覧の通り、台湾の防空体制は確かにしっかりとしているようだ」とか「台湾の最新鋭地対空兵器が明らかになった」などと台湾軍を揶揄するコメントを掲載した。

 これに対して、金門島の戦史研究会は「台湾軍は離島のドローン防御態勢を強化すべきだ」などと主張している。

 台湾の与党「民主進歩党(民進党)」の王廷雨・立法院(国会に相当)議員も報道を引用して、この事件を「非常に深刻だ」と表現した。

 台湾国防部は声明で「2023年に国家的なドローン防衛システムを構築する一方で、『グレーゾーンの脅威』 に対処できるよう、離島に優先的に対応する」と発表。『グレーゾーンの脅威』とは、一般的に明確な戦争行為ではないが、国家の安全保障に害を及ぼす種類の動きという意味だ。

 台湾では中国と戦闘状態に入った場合、金門島のほか、澎湖、馬祖などの離島が、中国軍の最初の攻撃目標となる可能性が懸念されている。このため、台湾国防部は同じ声明で「ドローン防衛システムは遠隔操作され、操作中の兵士や将校は「『紛争を誘発せず、紛争を起こさない』という原則を守り続け、技術的な設備を用いて適切な対抗措置をとる」と主張している。

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン