ライフ

発達障害の増加、要因は認知度の高まり デジタル端末の影響に着目する研究者も

スマホなどデジタル機器の使用が影響しているという

スマホなどデジタル機器の使用が影響しているという研究も

 教育現場で、発達障害の急増が懸念されている。文科省の調査では、令和3年度の自閉症の子供は平成18年度の約6.5倍、LD(学習障害)は約11.5倍、そしてADHD(注意欠陥多動性障害)は約15倍に増加している。北海道教育大学教育学部教授の片桐正敏さんが指摘する。

「学校基本調査では、平成19年度に7万9000人だった小学校の特別支援学級在籍者数が、令和3年度には23万人を超えています。特別支援学級にいるすべての児童が正式に発達障害の診断を受けているわけではありませんが、毎年1万人以上も在籍児童が増えているのは事実です」

 少子化で子供自体の数が減っている中、発達障害の子供の数が急激に増えている理由としてまず考えられるのは、認知度の高まりだ。

「2005年に発達障害者支援法が施行されたことでADHDなどの発達障害が一般にも広く知られるようになり、保護者が“もしかして、うちの子も?”と、専門機関を受診させることが増えました。また、近年発達障害の診断基準が変わったことで、単純に、基準に該当する人が増えたことも一因です」(片桐さん・以下同)

 ただし、診断を受ける人が増えたこと以外の主因についてはいまも明らかになっていない。農薬や食品添加物の影響も囁かれるが、これも科学的な因果関係が明かされているわけではない。

「最新の研究でも、母親の農薬暴露や残留農薬と、発達障害の一種であるASD(自閉症スペクトラム)のリスクに関連性はありませんでした。ネオニコチノイドなどの一部の農薬が神経や免疫に悪影響を与えるのは事実ですが、これを発達障害と結びつけるのは早計です」

 ここで注目されるのが、デジタル端末の負の影響だ。山梨大学の研究チームがアメリカ医学会雑誌小児科版に発表したデータによると、1才時点でのスクリーンタイム(スマホやタブレットなどのデジタル端末の画面を見ている時間)がゼロの男児に比べ、「1~2時間未満」の男児は、3才時のASDの発症率が2.16倍、「2~4時間未満」で3.48倍、「4時間以上」で3.02倍にもなることがわかった。一方で、女児は統計的に有意な差はなかったという。

 ASDは先天的な脳の一部の障害だが、症状の程度は、育った環境の影響を受けるといわれている。つまり、先天的に自閉症スペクトラムを持っている子供は、スクリーンタイムが長いと、その症状が悪化する傾向にあるのだ。さらに、その傾向は、生まれつき自閉症を抱えていない子供にも表れることがある。スマホ依存防止学会代表の磯村毅さんが言う。

「『ESS(電子スクリーン症候群)』といって、スマホやタブレットなどの画面からの刺激で子供の脳が変調し、発達障害やうつ、双極性障害などに似た症状が出ることがあります。

 プロのゲーマーになるほどスクリーンの刺激に強い子がいる一方、友達から借りたゲーム機で少し遊ぶだけで、発達障害と間違えられるほど落ち着きがなくなる子や、学校でデジタル黒板が導入されたとたんに頭痛とチックが起こって成績が落ちる子もいる。スクリーンの刺激に強いか弱いかは、一人ひとり異なるのです」(磯村さん・以下同)

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン