スポーツ

元横綱・大乃国の芝田山親方が国技館でスイーツ販売 親方衆の姿がないなか「笑顔で手渡し」の孤軍奮闘

芝田山親方が直々に販売の先頭に立っている

芝田山親方が直々に販売の先頭に立っている

 大相撲9月場所が開催されているが、両国国技館の様子はコロナ前とは大きく変わった。今場所は座席での軽食は可能だが、会場内での飲酒は1本(1杯)までといった制限もある。もともと正面入り口の木戸番(モギリ)は元関脇・寺尾の錣山親方や元小結・旭豊の立浪親方といったかつての人気力士の役回りで、来場者はお目当ての親方のところに並ぶものだったが、今は協会から派遣された担当者が機械的にチケットの半券を切り取っているだけ。

 館内でも親方衆が警備のためにウロウロしていたが、今は事務スタッフが「マスクの着用をお願いします」のプラカードを持って歩いている姿ばかり。そうしたなかで“孤軍奮闘”で気を吐いているのが、元横綱・大乃国の芝田山親方だ。

『全国スイーツ巡業』の著書などがある相撲協会総合企画部長の芝田山親方がプロデュースした商品を販売する「スイーツ親方の店」が大盛況なのだ。昨年5月場所に際してオープンした店だが、今場所も来場客が館内に入って最初にスマホを取り出して写真に収めようとするのは、1階正面西側通路にあるこの売り場であることが多い。協会関係者が言う。

「コロナ感染拡大の影響で入場者が制限され、館内飲食もできなくなっていた。そうしたなかで当時広報部にいた高崎親方(元幕内・金開山)の発案で、芝田山親方ブランドの『スイーツパン』を販売が始まったのです。芝田山親方も売り場に顔を出し、平日は180個、土日は300個の限定販売をしたところ、連日完売という大人気企画となった」

 当初はスイーツパン(メープル味、小豆味の2種類)、横綱食パン、北サブレの4種類の販売だったが、昨年9月場所にはマカロン、力士かまぼこ、焼き芋が品目に加えられた。その後も商品は増え続け、今場所はスイーツパン抹茶味、スイーツ親方の白星小餅など10種類以上を数える。

 店舗は午前11時からオープン。午後3時頃には芝田山親方が売り場に現われ、スイーツパンと横綱食パンが売り切れるまで店頭に立っているという。相撲担当記者はこう言う。

「昨年5月場所にオープンした直後は照れくさそうにレジ横に座っているだけだったが、最近はエプロンをつけて積極的に販売に力を入れていますよ。芝田山親方が店頭に立つと黒山の人だかりとなり、1時間ほどでスイーツパンと横綱食パンは売り切れます」

関連記事

トピックス

STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
大谷翔平に“口裏合わせ”懇願で水原一平容疑者への同情論は消滅 それでもくすぶるネットの「大谷批判」の根拠
NEWSポストセブン
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
大久保佳代子 都内一等地に1億5000万円近くのマンション購入、同居相手は誰か 本人は「50才になってからモテてる」と実感
女性セブン
宗田理先生
《『ぼくらの七日間戦争』宗田理さん95歳死去》10日前、最期のインタビューで語っていたこと「戦争反対」の信念
NEWSポストセブン
焼損遺体遺棄を受けて、栃木県警の捜査一課が捜査を進めている
「両手には結束バンド、顔には粘着テープが……」「電波も届かない山奥」栃木県・全身焼損死体遺棄 第一発見者は「マネキンのようなものが燃えている」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
(写真/時事通信フォト)
大谷翔平はプライベートな通信記録まで捜査当局に調べられたか 水原一平容疑者の“あまりにも罪深い”裏切り行為
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン
眞子さんと小室氏の今後は(写真は3月、22時を回る頃の2人)
小室圭さん・眞子さん夫妻、新居は“1LDK・40平米”の慎ましさ かつて暮らした秋篠宮邸との激しいギャップ「周囲に相談して決めたとは思えない」の声
女性セブン
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン