ライフ

頭頂部が禿げることがある“新型水虫” レスリングや柔道の国際試合経由で日本上陸か

“新型水虫”の脅威とは(イラスト/斉藤ヨーコ)

“新型水虫”の脅威とは(イラスト/斉藤ヨーコ)

 人間は様々な感染症とともに生きていかなければならない。だからこそ、ウイルスや菌についてもっと知っておきたい──。白鴎大学教授の岡田晴恵氏による週刊ポスト連載『感染るんです』より、アタマジラミについてお届けする。

 * * *
 近年、学校現場(特に中学・高校)で“新型水虫”という言葉を耳にします。

 医学用語ではありませんが、そのような名前で呼ばれている皮膚真菌症の頭部白癬(しらくも)や体部白癬(たむし・ぜにたむし)の集団発生が報告されるようになっています。学生さんが感染すると、家庭などで家族や周囲の人にこの新型水虫を拡げることになりますから、決して他人事ではありませんね。

 原因のトリコフィトン・トンズランス菌は白癬菌の一種で、おそらくレスリングや柔道などの国際試合で海外から入ってきたと考えられています。2000年頃から国際交流のある格闘技選手らの中で目立ち始めました。今は一般の人にも拡がって、国内に数万人の感染者がいるとみられています。

 従来の水虫とは異なり、頭部や首筋など上半身を中心に発症します。トンズランスの語源はキリスト教の修道士が頭頂部を丸く剃る“トンスラ”で、この新型白癬菌の感染がひどくなると頭頂部が禿げることがあることからつけられました。

 そもそも白癬菌は、ヒトの皮膚の角質層・毛・爪などの蛋白質を食べて寄生します。トリコフィトン・トンズランス菌の症状は、初期の頃はあまり目立たずに進行して、体部白癬では首・顔・上半身に小豆大から爪大に角質が剥がれてピンク色の発疹ができ、その後、赤く輪を書いたような環状の発疹になります。早期治療が大切で、皮膚科医で処方された塗薬での治療になります。

 頭部白癬は、カサブタができる程度から、頭皮が盛り上がって膿が出て、脱毛するような症状まであります。症状がなくとも毛穴に入り、周囲の人に感染させてしまうこともあります。皮膚科医師から処方された飲み薬での治療になりますが、菌が少量であれば専用の薬用シャンプーで対応できる場合もあります。しかし、この白癬菌は毛髪や皮膚に入り込むとなかなか駆除できず、根気強く治療を続けることが大切になります。

関連キーワード

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン