芸能

オールジャンルで活躍中、津田健次郎 転機となった朝ドラ『エール』での出会い

声優、ナレーター、俳優にと大活躍

声優、ナレーター、俳優にと大活躍

 声優ではアニメや番組ナレーション、さらに俳優など、いまやテレビでその声と姿を見ない日はないほど幅広く活躍。そんなトップ声優の“ツダケン”が『女性セブン』に初登場! もう、彼のフェロモンから抜け出せなくなる……!

 大学在学中に舞台役者として活動し、後に声優として開花。もともと映画監督を目指していたという津田は、2019 年に監督業に挑戦。気づけば、ほぼオールジャンルをこなす唯一無二の存在になった。

「芝居に関しては、アニメも舞台もドラマも根っこは同じだと思っています。もともと舞台をやっていて、そこから突然アニメの世界に入った人間なので、演じることへの違いを特に意識することもなかったんです。ジャンルごとに必要なテクニックはあると思うんですが、やることは同じお芝居なので、スタンスは変わりません。

 お仕事の幅が広がるなかでいちばんの転機を強いてあげるなら、朝ドラ『エール』(NHK)は大きかったです。自分の中で思っているだけですが、そこで周りのかたがたとの“接点”が生まれ、ドラマ『最愛』(TBS系)へとつながり、その後の作品にも出会えたのかなと。

 あとは、コロナ禍になりアニメを見る人が増えたことで、ぼくらのいる業界が受け入れられやすくなったという時代の変化も感じます。いろんな要因がうまく作用した結果、ぼくのいまがあるんでしょうね」 

 現在は多忙を極める日々。休みはあるのだろうか…?

「休みはありますが、連休はなかなか……。常に『連休ほしいなぁ』と思っています(笑い)。欲を言えば、10日間くらい休みをもらって、ヨーロッパに行きたいですね。以前バックパッカーをやっていたときに西側は回ったので、次は東ヨーロッパをゆっくり巡りたいです」

 国民的人気声優の心地良い声と活躍に、これからも目が離せません!

ダンディなツダケン

ダンディなツダケン

【プロフィール】
津田健次郎(つだ・けんじろう)/代表作は、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』海馬瀬人役、『呪術廻戦』七海建人役、10月から第四期がスタートする『ゴールデンカムイ』尾形百之助役、『チェンソーマン』岸辺役など。『情報7daysニュースキャスター』(TBS系)でナレーションも務める。

撮影/岡本俊 取材・文/松本まゆげ

※女性セブン2022年10月13日号

溢れるフェロモン

溢れるフェロモン

関連キーワード

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン