芸能

香川照之が脚本変更、土下座を拒否していた!『六本木クラス』最終話のゴタゴタ

映画『99.9』完成報告イベントに登壇した香川(2021年撮影)

『六本木クラス』に出演した香川照之(2021年撮影)

 放送前から大ヒット韓流ドラマのリメイクとして話題だった連続ドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系)が、9月29日に最終話を放送。最後に同作の最高視聴率を記録したが、10.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前評判ほどの結果には至らなかった。

 しかも、最終話の内容にも、視聴者の中からは多くの困惑の声が上がってしまった。というのも、ラストで予想されていた土下座シーンが無かったからだ。原作ドラマ『梨泰院クラス』の最終話では、敵役のチャン・デヒ会長が主人公に土下座する名場面があった。

 一方の『六本木クラス』で、その敵役を演じたのは俳優の香川照之(56才)。言わずと知れた“日本一土下座が似合う名優”だ。9年前の大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)での土下座は、誰もが知る名シーン。あるテレビ局関係者は「今作のラスボスに香川さんが配役された時点から、誰もが最終話での土下座シーンのためだと解釈したはず。これこそがドラマの最大の目玉だったので、視聴者にとっては、まさかの展開でした」と話す。

 香川演じる長屋会長が土下座をしかけたところで、竹内涼真(29才)演じる主人公の新が「今のあなたが土下座をしたところで何の価値もありませんよ」と遮ったのである。

 予想外の結末に、放送直後のSNSでは視聴者たちから賛否両論が飛び交った。「日本オリジナルの解釈でスカッとした」、「より屈辱的な仕打ち」などと理解するファンもいたが、多くは「原作通りに土下座してほしかった」といった落胆や不満の声だった。

 確かに原作とは違う演出をしている部分も少なくなかったが、原作の名シーンで見せ場とも言える肝心のラストが違ったのはなぜか? 視聴者たちには、もやもやが残ってしまった。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン