国際情報

プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで

(共同通信社)

プーチン氏への反発の声は日に日に高まっている(共同通信社)

 当初、数日で終わると目されていたロシアによるウクライナ侵攻は、すでに7か月以上が経過し、ドロ沼の様相を呈している。焦るプーチン氏は、普段は一般人として生活する「予備役」をさらに動員する。その先にあるのは、どこまでも続く“地獄”──。

 金属製の柵越しに、別れを惜しむ人々のすすり泣きが響く。手を握り合い、頬を寄せ合う母親と息子。涙を浮かべ、何度も夫の顔に触れる妻。泣き続けるフィアンセを、「必ず帰ってくる」と髪を撫でながら励まし続ける若い男性。

「訓練所に行くだけよね」
「そう、軍事演習よ、きっと」

 互いの不安と心配を打ち消すように、女性たちはそうささやき合っていた。これはいま、ロシア国内のいたる所で見られる光景だ。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(69才)は9月21日、ウクライナ侵攻をめぐって軍隊を強化するため、部分的動員令を発令した。端的に言えば「徴兵」だ。筑波大学名誉教授の中村逸郎氏が解説する。

「2月の侵攻開始時、ウクライナ戦線には19万人のロシア兵が投入されました。しかし、すでに約7万5000人もの死傷者がいるとされており、戦力を補填するための動員とみられています」

 全国紙記者が続ける。

「ロシアでは、18〜27才の男性に対し、通常1年間の兵役義務を課しています。今回、部分動員として召集される対象者は、そうした兵役経験があり、さらに軍務・戦闘経験を持つ『予備役』です。特に戦車の操縦手や工兵、狙撃手などが召集対象とされています。階級によって違うものの、対象年齢は『55才まで』となっています」

 人口約1億4500万人のロシアにおいて、約2500万人がこの「予備役」にあたる。つまり、全人口の6人に1人に「召集令状が届く可能性」があり、落ち着かない日々を過ごしている。

 ロシアは平時、軍隊の規模の上限を軍人は約100万人、後方支援にあたる一般職員は約90万人と定めている。ロシア政府は、今回の部分動員で召集されるのは約30万人規模にのぼり、今後数か月にわたって段階的に行われる予定だとした。一方、ロシアの独立系メディアは、「徴兵は120万人規模にまで膨れあがる計画がある」とも報じた。

対象でない男性に届いた召集令状

 徴兵に反発する国民は多い。動員令の発令以降、徴兵事務所や関連施設に火炎瓶が投げ込まれるといったことが20件近く起きている。

「原因は、政府が動員対象とした『軍隊経験者』とかけ離れた召集の実態です。戦闘経験がなかったり、持病があるなど、明らかに対象ではない男性に召集令状が送られるケースが多く発生しており、混乱していることがわかります」(前出・中村氏)

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン