国際情報

プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで

(共同通信社)

プーチン氏への反発の声は日に日に高まっている(共同通信社)

 当初、数日で終わると目されていたロシアによるウクライナ侵攻は、すでに7か月以上が経過し、ドロ沼の様相を呈している。焦るプーチン氏は、普段は一般人として生活する「予備役」をさらに動員する。その先にあるのは、どこまでも続く“地獄”──。

 金属製の柵越しに、別れを惜しむ人々のすすり泣きが響く。手を握り合い、頬を寄せ合う母親と息子。涙を浮かべ、何度も夫の顔に触れる妻。泣き続けるフィアンセを、「必ず帰ってくる」と髪を撫でながら励まし続ける若い男性。

「訓練所に行くだけよね」
「そう、軍事演習よ、きっと」

 互いの不安と心配を打ち消すように、女性たちはそうささやき合っていた。これはいま、ロシア国内のいたる所で見られる光景だ。ロシアのウラジーミル・プーチン大統領(69才)は9月21日、ウクライナ侵攻をめぐって軍隊を強化するため、部分的動員令を発令した。端的に言えば「徴兵」だ。筑波大学名誉教授の中村逸郎氏が解説する。

「2月の侵攻開始時、ウクライナ戦線には19万人のロシア兵が投入されました。しかし、すでに約7万5000人もの死傷者がいるとされており、戦力を補填するための動員とみられています」

 全国紙記者が続ける。

「ロシアでは、18〜27才の男性に対し、通常1年間の兵役義務を課しています。今回、部分動員として召集される対象者は、そうした兵役経験があり、さらに軍務・戦闘経験を持つ『予備役』です。特に戦車の操縦手や工兵、狙撃手などが召集対象とされています。階級によって違うものの、対象年齢は『55才まで』となっています」

 人口約1億4500万人のロシアにおいて、約2500万人がこの「予備役」にあたる。つまり、全人口の6人に1人に「召集令状が届く可能性」があり、落ち着かない日々を過ごしている。

 ロシアは平時、軍隊の規模の上限を軍人は約100万人、後方支援にあたる一般職員は約90万人と定めている。ロシア政府は、今回の部分動員で召集されるのは約30万人規模にのぼり、今後数か月にわたって段階的に行われる予定だとした。一方、ロシアの独立系メディアは、「徴兵は120万人規模にまで膨れあがる計画がある」とも報じた。

対象でない男性に届いた召集令状

 徴兵に反発する国民は多い。動員令の発令以降、徴兵事務所や関連施設に火炎瓶が投げ込まれるといったことが20件近く起きている。

「原因は、政府が動員対象とした『軍隊経験者』とかけ離れた召集の実態です。戦闘経験がなかったり、持病があるなど、明らかに対象ではない男性に召集令状が送られるケースが多く発生しており、混乱していることがわかります」(前出・中村氏)

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン