芸能

米倉涼子、ミュージカル『CHICAGO』緊急降板 「本当の病状」と「違約金ゼロ」の理由

『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける

『CHICAGO』では2時間半もの間、ヒールで踊り続ける

 米倉涼子(47才)がミュージカル『CHICAGO』の主演を降板することを発表した。事務所によると、「急性腰痛症及び仙腸関節障害による運動機能障害」でのドクターストップが降板の理由で、11月と12月にアメリカ・ブロードウェーと日本での公演が予定されていたが、すべて代役が演じるという。

 発表直後、米倉はインスタグラムで降板を謝罪。そこには、《ごめんなさい、ごめんなさい、本当にごめんなさい。ここに来るまで肉体的にも精神的もボロボロ状態です。気合いと根性だけではどうにもなりませんでした》と無念の胸の内が綴られていた。

 彼女を襲った仙腸関節障害とは、骨盤を構成する仙骨と腸骨がずれ、痛みが生じるというもの。激しいダンスやハイヒールの常用による反り腰で引き起こされることが多く、女性がかかりやすいという。

「『CHICAGO』では、ハイヒールを履いてジャズに合わせて歌いながら踊るシーンが続きます。最近、米倉さんは日常生活でも、歩いたり立ち上がったりするたびに『痛っ!』と悲鳴を上げることもありました。とてもその状態で2時間半も、踊り続けることはできなかったのでしょう」(舞台関係者)

 彼女にとってこの降板は、断腸の思いだったに違いない。米倉は2008年に自身初めてのミュージカルとして日本語版の『CHICAGO』に挑み、主役のロキシー・ハート役を務めた。

「1920年代のアメリカを舞台に、犯罪者の女性が2人、時に競い合い、時にタッグを組みながらのし上がっていくというこの作品に米倉さんが惚れ込み、日本語版があるならと自ら名乗り出て、主役を勝ち取ったのです。その後、2010年に再演し、2012年には英語版でブロードウェーデビュー。回を重ねるごとにダンスや歌、英語の発音も上達し、評価を高めてきました」(前出・舞台関係者)

 いまでは、ドラマ『ドクターX-外科医・大門未知子-』(テレビ朝日系)と並んで、米倉の代表作になった『CHICAGO』。しかし、いまから4年前、ブロードウェーでの3度目の公演を控えたタイミングではポジティブな彼女にしては珍しく、弱音をもらしていたという。

「開幕の1か月前に、頭痛やめまい、耳鳴りを伴う難病である『低髄液圧症候群』を発症したのです。このときは、日本で体のケアを頼んでいるトレーナーをニューヨークに呼び寄せて、ほぼ毎日調整を繰り返し、なんとか舞台に上がり続けていました。

 今回はその困難を乗り越えて、ようやく4度目の挑戦をしようとしていた矢先のこと。実は今回を最後の『CHICAGO』出演にしようとしていたので、米倉さんはかなり落ち込んでいます」(前出・舞台関係者)

関連キーワード

関連記事

トピックス

今後の作品にも期待が高まる(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さまの溢れる文才 小学校の卒業文集と中学1年で書かれた短編小説を全文掲載
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
フォロワーは
【極寒のへそ出し写真】日本一のティックトッカー景井ひな「あり得ない私服姿」フォロワー1000万のど根性
NEWSポストセブン
門田博光氏
門田博光が明かしていた掛布雅之との幻のトレード話の真相「自分の力を阪神で試してみたい気持ちあった」
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
2021年9月、夜の新宿区立大久保公園周辺。客を待っていた女性と付き添う私服捜査員(時事通信フォト)
街歩き動画が人気だが、一部の過激な配信者に追い詰められる人たちもいる
NEWSポストセブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン