ビジネス

太宰治も来たという噂もある埼玉・大宮の老舗酒屋で懐かしい蒐集品(しゅうしゅうひん)に囲まれて角打ち

「レトロなおもちゃ箱みたい。落ち着いて飲める秘密の隠れ家です」と、長年通う女性客がのんびり寛ぐ『大西屋』。

 JR大宮駅から東へ徒歩7、8分、日本でも指折りの古社である武蔵一宮氷川神社に続く一の宮通りに建つ店は、漆黒の壁面で軒先に下がる色彩豊かな提灯が印象的な外観だ。

 店内は、4代目店主の堀江利武(としたけ)さん(58歳)が集めた骨董品が所狭しと並び、昔懐かしい風情を醸している。

「空き箱で精巧なミニカーも作る天才肌の趣味人」(50代)と常連客から一目置かれる店主が角打ちを始めたのは2004年のことだ。

「当時は酒屋とのスペースを壁で仕切って小窓を設けたスタイルだったんです。

 30代の後半にオーストラリア・シドニーに旅したとき、やる気のなさそうな店主が小窓から酒を出している粋な酒屋を見て、インスパイアされましてね。酒屋の倉庫だった場所を改装して念願だった角打ちスペースを作ったんです。

 角打ちには、『MATCH・BOX』と名付けてね。由来は英国製のミニカー。子供のころ、親父にねだって買ってもらった思い出があって、今でも一番のお気に入りの車なんです。

 5年前に再び店を改装して、倉庫から酒屋に角打ちスペースを集約したから、今は、小窓スタイルではなくなりました」(店主)

「改装前は、壁のある小さな窓越しに会話をするから、店主の愛称は“神父さま”(笑)。今はもう小窓はないけど、常連の顔ぶれは変わらないですね。

 カウンター脇のガラスケースに飾られた沢山の模型のミニカーは、マスター(店主)が全部空き箱で作っているの。懐かしいお菓子の空き箱製もあります。すごく精巧に作ってあるから全部ちゃんと走るんですよ。1個頂戴って言っても絶対くれないけどね(笑)」(50代)

「僕らが飲んでいるときに、奥でミニカーを淡々と作ってる(笑)。設計図が頭の中にあるんだろうね。何か気に入ったことを見つけると夢中になって、とことん追求する人だね」(50代、音楽関係)

店主が蒐集する骨董品が並ぶ店内は昔懐かしい風情が漂う

店主が蒐集する骨董品が並ぶ店内は昔懐かしい風情が漂う

 立派な梁が剥きだしになった天井は高くゆったりとしている。梁を支える太い柱には年代物のねじ巻き式壁時計が掛かり、ボーンボーンと懐かしい音色で時を告げる。

「うちの蔵あった古いものや、骨董市なんかで買い集めたものとか、自分の好きなものを店に置いています。今はもう無くなったアメリカの航空会社のバッグは、商社マンで世界中を旅していた叔父から譲り受けたものですね」(店主)

「利武さん(店主)は蒐集家なんだよね。僕らが小学生のときによく通った模型屋さんが廃業するときに譲り受けた古いけど格好いいショーケースも店にあってね、学校帰りにじーっと眺めては店のおばちゃんに『買わないなら帰りな』って言われていたこととか思い出しちゃう。

 客も個性的なこだわりのある人間ばかりだけど、不思議と居心地がいいから10年以上通っています」(60代)

穏やかで常連客に慕われる4代目店主・堀江利武さん

穏やかで常連客に慕われる4代目店主・堀江利武さん

関連記事

トピックス

逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
『ブギウギ』で田中麗奈が演じる“ラクチョウのおミネ”に注目(Imaginechina/時事)
朝ドラ『ブギウギ』で田中麗奈が熱演する「ラクチョウのおミネ」 モデルは“ラクチョウのお米”で100人以上の女性のまとめ役だった
週刊ポスト
広末涼子と鳥羽周作氏
広末涼子、個人事務所設立で期待高まる俳優復帰 懸念材料は交際中・鳥羽周作氏の「炎上体質」か
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
火鍋をしていた綾瀬はるか
【火鍋パーティーをキャッチ】綾瀬はるか、高級中華料理店で“塩”へのこだわりを力説 「ここは私に任せて」と会計を全額支払う
女性セブン
県議らとのゴルフ写真。左から2番目が増永県議、右端が松村・国家公安委員長(2018年8月に沖縄で撮影/Aさん提供)
自民党・熊本県議、14歳年下女性との不倫トラブルで露見した“賭けゴルフLINE”「勝ち分14000円」の記述も
週刊ポスト
通訳の水谷一平氏(右)よりも密着マーク
大谷翔平の“ずっとそばにいる女性”の正体 身長188cmの地元放送局リポーターは元バレーボールの有望選手、現在日本語を猛勉強中
女性セブン
小澤征爾氏の30億円の資産を巡り(時事通信フォト)
【全文公開】小澤征爾さん「30億円相続」でファミリーに不協和音 長男・征悦と桑子アナの結婚を巡って“分断”も
女性セブン
木村拓哉
【全文公開】近づくSMAP再始動、木村拓哉「準備OK」で中居正広も決断か 意外なキーマンは二宮和也
女性セブン