ビジネス

太宰治も来たという噂もある埼玉・大宮の老舗酒屋で懐かしい蒐集品(しゅうしゅうひん)に囲まれて角打ち

「レトロなおもちゃ箱みたい。落ち着いて飲める秘密の隠れ家です」と、長年通う女性客がのんびり寛ぐ『大西屋』。

 JR大宮駅から東へ徒歩7、8分、日本でも指折りの古社である武蔵一宮氷川神社に続く一の宮通りに建つ店は、漆黒の壁面で軒先に下がる色彩豊かな提灯が印象的な外観だ。

 店内は、4代目店主の堀江利武(としたけ)さん(58歳)が集めた骨董品が所狭しと並び、昔懐かしい風情を醸している。

「空き箱で精巧なミニカーも作る天才肌の趣味人」(50代)と常連客から一目置かれる店主が角打ちを始めたのは2004年のことだ。

「当時は酒屋とのスペースを壁で仕切って小窓を設けたスタイルだったんです。

 30代の後半にオーストラリア・シドニーに旅したとき、やる気のなさそうな店主が小窓から酒を出している粋な酒屋を見て、インスパイアされましてね。酒屋の倉庫だった場所を改装して念願だった角打ちスペースを作ったんです。

 角打ちには、『MATCH・BOX』と名付けてね。由来は英国製のミニカー。子供のころ、親父にねだって買ってもらった思い出があって、今でも一番のお気に入りの車なんです。

 5年前に再び店を改装して、倉庫から酒屋に角打ちスペースを集約したから、今は、小窓スタイルではなくなりました」(店主)

「改装前は、壁のある小さな窓越しに会話をするから、店主の愛称は“神父さま”(笑)。今はもう小窓はないけど、常連の顔ぶれは変わらないですね。

 カウンター脇のガラスケースに飾られた沢山の模型のミニカーは、マスター(店主)が全部空き箱で作っているの。懐かしいお菓子の空き箱製もあります。すごく精巧に作ってあるから全部ちゃんと走るんですよ。1個頂戴って言っても絶対くれないけどね(笑)」(50代)

「僕らが飲んでいるときに、奥でミニカーを淡々と作ってる(笑)。設計図が頭の中にあるんだろうね。何か気に入ったことを見つけると夢中になって、とことん追求する人だね」(50代、音楽関係)

店主が蒐集する骨董品が並ぶ店内は昔懐かしい風情が漂う

店主が蒐集する骨董品が並ぶ店内は昔懐かしい風情が漂う

 立派な梁が剥きだしになった天井は高くゆったりとしている。梁を支える太い柱には年代物のねじ巻き式壁時計が掛かり、ボーンボーンと懐かしい音色で時を告げる。

「うちの蔵あった古いものや、骨董市なんかで買い集めたものとか、自分の好きなものを店に置いています。今はもう無くなったアメリカの航空会社のバッグは、商社マンで世界中を旅していた叔父から譲り受けたものですね」(店主)

「利武さん(店主)は蒐集家なんだよね。僕らが小学生のときによく通った模型屋さんが廃業するときに譲り受けた古いけど格好いいショーケースも店にあってね、学校帰りにじーっと眺めては店のおばちゃんに『買わないなら帰りな』って言われていたこととか思い出しちゃう。

 客も個性的なこだわりのある人間ばかりだけど、不思議と居心地がいいから10年以上通っています」(60代)

穏やかで常連客に慕われる4代目店主・堀江利武さん

穏やかで常連客に慕われる4代目店主・堀江利武さん

関連記事

トピックス

家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
【あと1敗で八冠陥落】藤井聡太八冠、「不調の原因はチェス」説 息抜きのつもりが没頭しすぎ? 「歯列矯正が影響」説も浮上
女性セブン
歌手の一青窈を目撃
【圧巻の美脚】一青窈、路上で映える「ショーパン姿」歌手だけじゃない「演技力もすごい」なマルチスタイル
NEWSポストセブン
一時は食欲不振で食事もままならなかったという(4月、東京・清瀬市。時事通信フォト)
【紀子さまの義妹】下着ブランドオーナーが不妊治療について積極的に発信 センシティブな話題に宮内庁内では賛否も
女性セブン
5月場所は客席も活況だという
大相撲5月場所 溜席の着物美人は「本場所のたびに着物を新調」と明かす 注目集めた「アラブの石油王」スタイルの観客との接点は?
NEWSポストセブン
優勝トロフィーを手にしたガクテンソク
【THE SECOND優勝】ガクテンソクが振り返る「マシンガンズさんが自滅しはった」 昨年の“雪辱”を果たせた理由
NEWSポストセブン
亡くなった6歳の後藤鈴ちゃん(SNSより)。一家に何があったのか
《戸越銀座・母子4人死亡》被害者妻が明かしていた「大切な子どもへの思い」3日前に離婚したばかりの元夫は「育休取ってる」アピールも…家には「日中も窓にシャッター」の違和感
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン