国内

【白昼に抗争】散髪中の「反・六代目山口組同盟」のキーマン襲撃 店内は血の海

白昼に起きた抗争事件(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)

白昼に起きた抗争事件(六代目山口組の司忍組長/時事通信フォト)

 10月26日午後1時すぎ、岡山県岡山市北区の理髪店内で暴力事件が発生した。同市に本部を置く指定暴力団・池田組の池田孝志組長が散髪をしていたところ、店内に刃物を持った複数名の男が押し入った。池田組長を狙った抗争事件とみられる。全国紙社会部記者が語る。

「現在取り調べが続いていますが、店内に侵入してきた男は3人で、刃物や動物撃退用のスプレーを携帯していたという証言がでています。池田組長のボディガードが男たちと揉み合いになり、1人が取り押さえられ、2人は逃走した。池田組長にケガはなかったようです。六代目山口組傘下組織の組員による犯行とみられています」

 事件直後から関係者の間では事件の凄惨さを伝える動画が広まっている。理髪店の床に横たわる襲撃犯とみられる男性は頭から血を流し、一面は血の海。2人の警察官が男性に呼びかけを続けていて、男性が左手をあげて応えていることから意識はあることが確認できる。また、現場となった理髪店に規制線が張られ、10人以上の警察官が理髪店の前に集まっている写真も広まっている。

 2015年8月、六代目山口組から分裂する形で神戸山口組が結成された。以降、山健組、宅見組とならんで池田組は神戸山口組の中核組織として活動していた。しかし、2017年4月に神戸山口組の井上邦雄組長と袂を別つ形で絆會(旧・任侠山口組)が結成されるなど、神戸山口組は構成員を減らしていく。池田組も2020年7月に神戸山口組から脱退し、独立組織として活動している。その後も、神戸山口組から脱退する組織があとを絶たず、「反・六代目山口組」の立場である神戸山口組、絆會、宅見組、池田組がそれぞれ独立組織として活動している状況だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン