山口組一覧

【山口組】に関するニュースを集めたページです。

ヤクザ独特の金銭感覚 香典1000万~2000万円、散髪のチップ100万円
ヤクザ独特の金銭感覚 香典1000万~2000万円、散髪のチップ100万円
“カタギ”とはまったく違う世界に住むのがヤクザだ。当然ながら、その金銭感覚もまったく異なるものだ。このたび『職業としてのヤクザ』(小学館新書)を上梓した暴力団取材のプロ2人、溝口敦氏…
2021.04.08 11:00
週刊ポスト
暴力団の抗争経費は年間5億円 潜っているヒットマンへの経費が膨大
暴力団の抗争経費は年間5億円 潜っているヒットマンへの経費が膨大
 生きていくために必要不可欠な「お金」。反社会的勢力であるヤクザの収支バランスは、一般社会とは、まったく異なるものだ。このたび『職業としてのヤクザ』(小学館新書)を上梓した暴力団…
2021.04.07 16:00
週刊ポスト
無税で稼ぐヤクザにとって「懲役=税金」、時折ぶち込まれても仕方ない
無税で稼ぐヤクザにとって「懲役=税金」、時折ぶち込まれても仕方ない
 新年度を機に家計を見直す人は多いだろうが、彼らはどうか。反社会的勢力であるヤクザの収支バランスは、一般社会とどのように違うのだろう。このたび『職業としてのヤクザ』(小学館新書)…
2021.04.06 16:00
週刊ポスト
暴力団取材のプロが提起「ヤクザは生き方なのか、職業なのか」問題
暴力団取材のプロが提起「ヤクザは生き方なのか、職業なのか」問題
 元ヤクザを描いた映画『ヤクザと家族』『すばらしき世界』が立て続けに公開され、またNHK朝の連続テレビ小説『おちょやん』では、主人公の弟がヤクザになる様子が描かれている。しかしそもそ…
2021.04.01 07:00
NEWSポストセブン
杉咲花
『おちょやん』の弟はなぜ放火しようとしたのか ヤクザと芸能秘史
 松竹新喜劇の看板女優・浪花千栄子の生涯を描いたNHK連続テレビ小説『おちょやん』を観ていると、なぜか重要な場面でよく「ヤクザ」が出てくる。昭和初期という時代、関西の芸能においてヤク…
2021.03.20 16:00
週刊ポスト
コロナに戦々恐々?(写真は神戸山口組の井上邦雄組長、時事通信フォト)
ヤクザとコロナ 「親分にうつしたらどう責任をとるか…」と幹部
 1月下旬、六代目山口組と分裂抗争中の神戸山口組系の幹部が亡くなったとの情報が、暴力団社会を駆けめぐった。新型コロナに罹患した60代で、基礎疾患があったというが、組員たちには動揺が広…
2021.02.04 07:00
週刊ポスト
「山口組若頭射殺事件」の現場(当時、写真/共同通信社)
「宅見勝射殺事件」最後の生き残り・中野太郎元会長の生涯
 1997年8月28日、神戸オリエンタルホテルのラウンジで五代目山口組ナンバー2の宅見勝若頭が射殺された。民間人1人が犠牲になったことに加え、当時はニュースで凄惨な事件現場が映し出されてい…
2021.01.27 07:00
女性セブン
「山口組若頭射殺事件」の現場(当時、写真/共同通信社)
「山口組若頭射殺事件」 最後の生き残り・中野太郎元会長の死
 1月10日、中野太郎・元中野会会長が世を去った。84歳だった。2003年に脳梗塞で緊急搬送され、以後、リハビリ生活を続けていたという。引退後は暴力団社会とは一線を引き、特段の影響力があっ…
2021.01.20 07:00
週刊ポスト
新年会には組長が組員にお年玉を配るという…(イメージ)
ヤクザの新年会 組長が組員に配るお年玉は「5000~1万円」
 新年の到来を祝う正月。人それぞれ過ごし方があるが、ヤクザの世界には独自の様式がある。暴力団取材に精通するジャーナリスト、鈴木智彦氏(フリーライター)と溝口敦氏(ノンフィクション…
2021.01.03 07:00
週刊ポスト
正月飾りは暴力団にとってシノギの機会だという(イメージ)
正月飾りは暴力団の独占利権 Xマスツリーや熊手もシノギに
 正月は、一般人にもヤクザにも等しくやってくる。ただ、ヤクザにとっての正月は重要なシノギ(資金獲得の手段)でもあるのだという。暴力団取材に精通するジャーナリスト、鈴木智彦氏(フリ…
2021.01.02 07:00
週刊ポスト
年末年始におけるヤクザの恒例行事とは…(イメージ)
ヤクザ、年末の恒例行事「餅つき」 大々的に開催し権勢を誇示
 正月を祝うのは一般の人々だけでなくヤクザも同じだが、過ごし方には独自の様式がある。暴力団取材に精通するジャーナリスト、鈴木智彦氏(フリーライター)と溝口敦氏(ノンフィクション作…
2021.01.01 07:00
週刊ポスト
指詰めも刺青も厳禁!? 元ヤクザの人気俳優に『刃牙』花山薫のモデル...昭和を鮮烈に生き抜いた"ヤクザ"の姿
指詰めも刺青も厳禁!? 元ヤクザの人気俳優に『刃牙』花山薫のモデル…昭和を鮮烈に生き抜い…
 ”ヤクザ”といえば、あなたはまず何を思い浮かべるだろうか? 常識の通用しない荒くれ者? それとも一本筋の通った”侠(おとこ)”? 『昭和のヤバいヤクザ』では1000人以上のアウトローに会い…
2020.11.18 19:00
BOOK STAND
(写真はイメージ)
暴力団幹部妻の呼び出し 絶対に1人では行かない組員の事情
 警察や軍関係、暴力団組織などの内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、警察官や暴力団員が2人一組で行動する理由と…
2020.11.01 07:00
NEWSポストセブン
今、ヤクザでいる意味とは 『山口組対山口組 終わりなき消耗戦の内側』
今、ヤクザでいる意味とは 『山口組対山口組 終わりなき消耗戦の内側』
三つ巴から再び二つになった指定暴力団・山口組についてつづった『山口組対山口組 終わりなき消耗戦の内側』(藤原良・著/太田出版)が、9月5日(土)に発売される。迷い込んだ長期抗…
2020.09.04 09:04
太田出版ケトルニュース
神戸山口組の“最大派閥”が分裂、山健組緊迫の幹部会と今後
神戸山口組の“最大派閥”が分裂、山健組緊迫の幹部会と今後
 六代目山口組と抗争中の神戸山口組が揺れている。最大派閥である山健組が真っ二つに割れ、トップが半数の直参組長を連れて離脱したのだからただ事ではない。 五代目山健組の中田浩司組長は…
2020.08.06 07:00
週刊ポスト

トピックス