ビジネス

NHK、潤沢な番組制作費の使い道に批判噴出 政権に忖度する報道姿勢に疑問も

どんどん増える収入は、何に使われているのか(写真は前田晃伸NHK会長/共同通信社)

どんどん増える収入は、何に使われているのか(写真は前田晃伸NHK会長/共同通信社)

 今年6月の改正放送法の成立を受け、NHKは値下げやチャンネルの停波といったスリム化案を公表した。その一方で、「罰金」制度による受信料の徴収強化も注目されている。果たして、本当の改革と言えるのか──。【全3回の第2回。第1回から読む

 どんどん増える収入は、何に使われているのか。

 2021年度のNHK単体の事業支出は6609億円(小会社を含む連結では7057億円)で、そのうち約2900億円が「国内放送費」として番組の制作費などに充てられる。その潤沢な番組制作費の使い途にも批判が出ている。NHK問題に詳しいジャーナリスト・小田桐誠氏が指摘する。

「2009年から3年間にわたって放送されたNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の制作費が、大型プロジェクトだったとはいえ250億~300億円ほどだったと言われ問題視されたことがあります。また、昨今ではタレントを使った民放と似たようなバラエティ番組が増えてきたことも疑問です。NHKから民放にどんどん近づいていってどうするのでしょうか」

 公共放送であるNHKは、受信料収入がベースである以上、質の高いドキュメンタリーや報道、教育系番組といった、民放では作ることのできない番組を求められるのは当然のことだろう。

 上智大学文学部新聞学科教授でジャーナリストの水島宏明氏は、NHKの番組編成について一定の評価をする意見だ。

「NHKの受信料がはたして適正かという問題は残るにせよ、視聴率の指標では測れない公共性のある番組作りができている点は評価できると思います。例えば、Eテレ『こころの時代』(日曜5時~)では宗教二世の問題を非常に熱心に取り上げている。また、同じくEテレ『バリバラ』(金曜22時30分~)は、民放が及び腰になる部落問題を取り上げる回を設けて注目されました。

 一方、若者を中心にテレビの視聴者が減っているなか、バラエティ番組にも力を入れて視聴率を取ろうと努力している側面はあります。前田晃伸会長の方針のもと、『民間の発想でもっと見られる放送局への脱皮』を目指している。それは各所でNHKが批判を受けるなか、視聴率が悪いとNHKの存在意義を問われかねないからでしょう」

 そう肯定的に評価しつつも、「昨今のNHKの報道姿勢については、疑問視せざるを得ない」と、水島氏が続ける。

「特に2012年以降の安倍・菅政権下で改憲に疑問を呈す憲法学者を出さなくなり、全くといっていいほど政権批判を見なくなりました。NHKの予算審議の兼ね合いがあるのでしょうが、同じく公共放送のイギリスBBCと比べると、政権への忖度が目に付きます」

第3回に続く

※週刊ポスト2022年11月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト