泳ぎ着いた貝殻島で休息をとっていたところ、ロシア当局に拘束された(撮影/山本皓一)

泳ぎ着いた貝殻島で休息をとっていたところ、ロシア当局に拘束された(撮影/山本皓一)

 その後、渡辺氏はサハリン州の州都・ユジノサハリンスクに移送されて刑務所に収容されたが、そこには違法操業で拿捕された何人かの日本漁船員もいた。渡辺氏は、自分の行動が彼らから称賛されると思っていたが、逆に「迷惑している」と言われて意気消沈したという。

 それでも渡辺氏は“渡航の目的”を貫いてみせた。2005年に筆者がインタビューした際には、当時の様子をこう明かしてくれた。

「サハリンでの待遇は悪くなかった。監獄に入れられてからも“北方領土を返せ”と言い続けた私に、むしろ監獄の職員たちは好意的な目を向けてくれたほどだった。『お前(渡辺氏)の行動は勇気がある。日本に帰ったら、お前は英雄になるんじゃないか』と褒められたりもした」

 約半年が過ぎた12月、渡辺氏は日本人漁船員らとともに釈放されて日本に戻る。しかし「英雄」にはなれなかった。今度は「密出国」の容疑で釧路地検の取り調べを受ける羽目になったのだ。

 渡辺氏は「北方領土に行くのは純然たる日本国内の移動だ。どこが密出国なのか」と強硬に反論したものの、地検は「拘束されてソ連本国(サハリン)に連行されてもやむを得ないことを知っていたうえで北方領土に入った。だから密出国だ」と判断し、渡辺氏を書類送検したのである。

 この扱いに憤慨した渡辺氏は別の渡航計画を思いつく。「北東がダメなら、今度は南西の果てにある日本領土に自力で行ってやる」と考えたのである。

 1980年、渡辺氏は与那国島から尖閣諸島の魚釣島まで、手漕ぎボートで32時間かけて渡航。上陸後は約1か月にわたって島で生活したのである(もっとも、この時は海上保安庁が「漁船で曳航されたもの」との情報を流したため、それほど話題にはならなかった)。

 日本の「北東の果て」と「南西の果て」を舞台に一世一代のパフォーマンスを敢行した渡辺氏だが、1983年に沖縄県の護国神社で働き始めるとともにボクシングトレーナーとなり、指導者として実績を残した。今では沖縄のボクシング界では知らぬ者はいない「名伯楽」として知られている。北方領土返還の抗議は実らなかったが、自身の人生は軌道修正できたのかもしれない。

(文・写真/山本皓一 取材協力/欠端大林)

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン