芸能

高田文夫氏が語る“初恋の人” 強面な喜劇人・八波むと志と一寸不良な兄貴分・荒木一郎

八波むと志と荒木一郎を振り返る(イラスト/佐野文二郎)

八波むと志と荒木一郎を振り返る(イラスト/佐野文二郎)

 放送作家、タレント、演芸評論家、そして立川流の「立川藤志楼」として高座にもあがる高田文夫氏が『週刊ポスト』で連載するエッセイ「笑刊ポスト」。今回は、八波むと志と荒木一郎についてつづる。

 * * *
 このところ次々と初恋の人に(初恋が次々ではおかしいか)サプライズで会っているようだ。60年前、50年前のときめきの人が本となって私の前に現われてくる。

 こんなにズーッと「笑い」に携わってきて、一番最初に私をときめかせてくれた喜劇人。小学生だった私のハートをキャッチしたのは、コメディアンとも思えぬ強面の八波むと志だ。本当に大ー好きだった。NHKの健全な『お笑い三人組』に対抗して出てきたどうみても怪しい3人組「脱線トリオ」(由利徹、南利明、八波むと志)。ムーランルージュを経由してテレビに出てきた由利はわい雑、下品、達者だった。柔な二枚目南利明。それを的確につっこんで行く八波が壮快で痛快。小気味よすぎる。後に私は萩本欽一、ビートたけしという最強の東京つっこみに出会うことになるのだが、瞬間最大風速から言って八波が勝つのではないか。

 その後、三木のり平に認められ「雲の上団五郎一座」で伝説の『玄冶店』をふたりで演じることとなる。まさに東京喜劇の金字塔。中学生の私にとってスーパーヒーローは石原裕次郎でも力道山でもなく8×8の八波むと志だった。ミュージカル『マイ・フェア・レディ』に大抜てき。さあいよいよ八波の時代と誰しもがそう思っていた。

 8×8の64年。1964年(昭和39年)37歳。交通事故死。私はただの15歳。ただただ泣くだけだった。おふくろは「学校休んでいいよ」と言ってくれた。私は学校に理由も告げず3日休んだ。

「ミュージカルとかやるから勉強もできなきゃ」と、30歳を過ぎて日大芸術学部に編入した。後年、私は未亡人と対談する機会を得た。「事故って日大病院に運び込まれたでしょ。あの時の入院費って学割だったの。粋なもんでしょ。高田さんに会って欲しかったわ」と言った。今でも八波むと志を思うと胸がツーンとする。本は『八波むと志と東京喜劇』(森田嘉彦・朝日新聞出版)。

 我々団塊世代にとっては一寸不良な兄貴分。酒、女に酔い、ハイミナールでラリッてドラマの現場へ。あぶなっかしくてシャイでいいところの子。俳優であり歌手。あの時代のにおいがまた戻ってきた。荒木一郎。『今夜は踊ろう』『いとしのマックス』。シンガーソングライターの嚆矢となると書いてある。「嚆矢」とははじまり。起こり。映画『893愚連隊』『日本春歌考』。この度出た本は『空に星があるように 小説荒木一郎』(小学館)。ノーコンプライアンス荒木。

※週刊ポスト2022年11月18・25日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン