スポーツ

力道山未亡人・田中敬子さん(81)の告白「後継者は猪木さんしかいなかった」

力道山のお墓参りに訪れた田中敬子さん

力道山のお墓参りに訪れた田中敬子さん

 10月1日に他界した不世出のプロレスラー、アントニオ猪木さん(享年79)。死後、彼の全盛期の思い出を語る関係者は多いが、無名時代を知る人は少ない。その1人が猪木さんの師・力道山の妻で未亡人となった田中敬子さん(81)だ。10月15日、ノンフィクション作家の細田昌志氏が、亡き夫の眠る東京・池上本門寺で墓参りを終えた直後の敬子さんに、猪木さんとの60年に及ぶ交流について聞いた。【全4回の第4回。第1回から読む

 * * *

弟との関係修復を仲介

 最晩年までアントニオ猪木との交流が続いた敬子未亡人。実は猪木家の兄弟仲の修復に尽くした挿話も明かしてくれた。

──猪木さんとの長い付き合いのなかで、最も印象に残っている出来事は何でしょう?

「主人の五十回忌をホテルオークラでやったとき、猪木さんは議員に返り咲いた頃でしたが主賓を引き受けてくれたんです。お坊さんがお経をあげているときに、いつになく神妙な顔をしていて“猪木さん、何を考えてるんだろう”って。その顔が印象的ですね」

──「力道山の後継者」というと「馬場さん」と言う人もいますが、敬子さんはどう思いますか?

「後継者は猪木さんでしょう。主人があのまま生きていても、猪木さんを後継者に据えたと思います。だから猪木さんをずっと手許に置いた。馬場さんのことはあくまでもレスラーとして期待した。身体も大きいし、自分にないものを持っている。それで早くに海外に送った。それはそれで凄いことですよ。だって馬場さんはアメリカで大成功を収めたんだもの」

──1ドル360円の時代に、週8000ドルを稼いでいたんですからね。

「そうです。ただ、猪木さんに対しては『俺をよく見とけ』って感じでしたから、接し方が正反対。だって、猪木さんが事業に手を出したのは明らかに主人の影響ですから」

──そうなんですね。

「猪木さんもインターナショナルスクールを経営していたでしょう。実は主人がそうでした。『国際的な教育機関を日本中に作りたい』って常々言ってて、猪木さんは主人の肩を揉みながらその話を聞いてました。影響を受けないはずがないんです」

──その猪木さんが力道山未亡人の敬子さんと終生交流があったのが、太い縁を感じますね。

「普通なら年を追うごとに疎遠になっていくものだけど、猪木さんとは逆で、往来が頻繁になったんです。実は猪木さんは弟の啓介さんと少し疎遠だった時期があって……。ほら、兄弟ってどこの家庭もいろいろ難しいでしょう(苦笑)。ある日、啓介さんと一緒にいるとき、猪木さんの携帯電話を鳴らしたことがあって」

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン