ビジネス

不景気を吹きとばせ!商売人たちの酉の市詣でを直撃「今年1年どうでしたか?」

「酉の市」は、不景気を吹き飛ばすパワーに充ちていた

「酉の市」は、不景気を吹き飛ばすパワーに充ちていた

 深夜0時から24時間ぶっ通しで開催される祭り「酉の市」は、不景気を吹き飛ばすパワーに充ちている。毎年足を運び、縁起物の熊手に願いを託す人々に今の実感を聞いた。

縁起熊手の入手には価格交渉がお約束

コロナによる入場制限も2022年は解除

コロナによる入場制限も2022年は解除

 11月4日。浅草・鷲神社の「酉の市」に集まる人たちの目的は、幸運や金運を掻き集めるとされる飾り熊手だ。毎年新品へ買い替えるしきたりに習い、人々は馴染みの熊手商へ足を運ぶ。熊手に値札はなく、購入時は価格交渉が必須。ただし値引きに成功しても、最初に提示された金額のまま支払い、値引き分は店へのご祝儀とするのが粋だとか。そんなやりとりを楽しむ客の顔ぶれは職業も年齢も様々ながら、誰もが強く願うは、やはり「商売繁盛」!

熊手の製造販売は今が踏ん張りどころ

「生活の必需品ではないが必要品」と語る

「生活の必需品ではないが必要品」と語る

 熊手商の商売日は11月の酉の日のみ。限られた時間とスペースで1年分の儲けを得なくてはならない。どの店も装飾部材の値上がりや後継者不足に悩むが、支えは縁を大切に毎年購入してくれる顧客たちだ。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン