スポーツ

大魔神・佐々木主浩 悲願の「著名人ダービーオーナー」へ臨む「異例のタッグ」

悲願のダービー制覇に期待がかかる(時事通信フォト)

悲願のダービー制覇に期待がかかる(時事通信フォト)

 元プロ野球選手の「大魔神」こと佐々木主浩(54)が悲願のダービーオーナーへ向けて、試金石となるレースに挑む。11月26日に阪神競馬場で行われる京都2歳ステークスに所有するグランヴィノスを出走させる予定だが、関係者の間ではこの馬が「ダービーを獲れるのでは」と前評判が非常に高いのだ。スポーツ紙の競馬担当記者はこう話す。

「グランヴィノスはヴィルシーナ、シュヴァルグラン、ヴィブロスといったG1馬を輩出している血統の馬で、10月に行われた新馬戦を1番人気で快勝し、評価が上がっています。佐々木氏は新馬戦後のコメントで『(今後は)友道先生にお任せしたい』と言っていましたが、管理する友道康夫調教師は2016年にマカヒキ、2018年にワグネリアン、そして今年ドウデュースでダービーを勝っていますので、順調に勝ち進めばダービー制覇も決して夢ではありません」

 ダービーオーナーといえば馬主ならだれもが憧れる称号だ。競馬発祥の地、イギリスに倣って創設された日本ダービー(東京優駿)は「競馬の祭典」とも言われ、3歳時にしか出走できないことから、世代間最強を決めるレースでもある。海外を含むG1レースで5勝を挙げている佐々木の所有馬だが、ダービーには縁がなく、2020年にヴァルコスで初めて挑むも14着に敗れていている。これまで著名人の所有馬がダービーを勝ったことはなく、歌手の北島三郎が2015年にキタサンブラックで挑んだダービーは14着だった。キタサンブラックは後にG1を7勝し、年度代表馬に輝いたことがある名馬でもある。競馬にまつわる格言では「ダービーは最も運の良い馬が勝つ」とも言われており、単純に強いだけでは勝てないレースなのだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト