芸能

紅白出場者に名前がなかった大物たち 明菜、聖子、宇多田、拓郎、中島みゆき…それぞれの事情

明菜

期待されていた明菜の名前はリストになかった

 歌は世につれ、世は歌につれ──音楽番組でそんな口上が用いられたのもいまは昔。多様性を前面に打ち出す紅白の今年のテーマは「LOVE&PEACE〜みんなでシェア!〜」。11月16日に発表された42組の出場歌手の顔ぶれも若者を意識したアーティストが大半を占め、事前予想で名前の挙がった大物のほとんどが選から漏れた。

「初出場はIVEや緑黄色社会、LE SSERAFIMなど10組。中高年にはなじみのないアーティストばかりで、読み方さえわからないという人も少なくない。SNSで『#紅白見ない』というワードがトレンド入りしましたが、話題を集めたのは28年ぶりに出場する篠原涼子さん(49才)や24年ぶりの工藤静香さん(52才)くらいでしょうか。期待されていた中森明菜さん(57才)や松田聖子さん(60才)の名前がリストになかったことも失望感を招きました」(音楽担当記者)

 いまのところサプライズ枠で発表されるとみられているのは、人気バンドback numberの出場だというが、NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!』の主題歌を手掛ける彼らが出たところで驚きは少ない。

「今年は大御所の引退宣言が相次ぎ、周年を迎えるアーティストも多い。紅白の担当者は、ひとりでも多くの大物に出てもらえるよう、芸能事務所やレコード会社に日参しています」(放送記者)

 多くのファンの期待を集め、NHKも秋波を送ってきたのが、今年デビュー40周年を迎えた明菜だ。約4年の沈黙を破り、今年8月に新たに個人事務所を設立。12月から徐々に活動を再開することを予告していることから、8年ぶりの紅白出場に注目が集まっていた。

「NHKは早い段階から特番を組み、海外からの中継なども検討していましたが、ネックとなったのが明菜さんの体調面と事務所問題。本人は活動再開に前向きな姿勢を見せているものの、いかんせん体力が追いつかず、ペットボトルの蓋も自分で開けることができないとか。ファンクラブの権利関係などで前事務所と弁護士を立てて話し合いが行われていることもトラブルを嫌うNHKが二の足を踏む要因となりました」(音楽業界関係者)

 昨年、娘の神田沙也加さん(享年35)が亡くなり、出場を辞退した聖子は今年もオファーを固辞しているという。

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
15歳でデビューした岡田奈々
芸能生活50周年の岡田奈々「まだまだやり足りない。いつか『何やっとんのー!』と岐阜弁で叫ぶようなお芝居をしてみたい」
週刊ポスト
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
小池徹平、『離婚しない男』“クズな間男”怪演の裏に脚本家・鈴木おさむとの絆「おさむさんの最後の作品だから、何でもやります」
女性セブン
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
厚労省「飲酒ガイドライン」発表でお酒の広告どうなる? 「JTのようにマナー啓発CMばかりになる」流れも
マネーポストWEB
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
報道陣の取材に応じるドジャースの大谷翔平(時事通信フォト)
《話したくなかったことは…?》大谷翔平が結婚報告の囲み取材で見せた「右の耳元、顔の左側を触る」に“隠された意味”を心理士が分析
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン