松田聖子

松田聖子も

「来年、ジャズアルバムを発表する予定で最近は日本と海外を行き来していたようです。心の傷がまだ癒えず、いま紅白に出て沙也加さんのことで注目されるのは耐え難いのでしょう。もともと聖子さんに紅白へのこだわりはなく、このまま“卒業”する可能性も指摘されています」(レコード会社関係者)

“夏の紅白”と呼ばれる8月の『ライブ・エール』(NHK)や、同月にNHKワールド JAPANで放送された『SONGS OF TOKYO』に出演した宇多田ヒカル(39才)も出場が期待されるひとり。

「過去に出場したのは2016年にロンドンからの中継で『花束を君に』を披露した一度きり。NHKスタッフとの関係は良好ですが、夏の番組に出演したのは新曲のプロモーションのため。宣伝すべき曲もないいま出場するメリットがなく、出場の可能性は低い」(芸能関係者)

 年内をもって第一線から退くことを発表した吉田拓郎(76才)や全国ツアーの引退を宣言した中島みゆき(70才)からも色よい返事はないという。

「拓郎さんは今年7月に放送された『LOVE LOVE あいしてる』(フジテレビ系)の最終回をもって、最後のテレビ出演としています。KinKi Kidsとのコラボを期待する声もありますが、1994年に一度だけ紅白に出た後、『うんざりしました』と言い放った拓郎さんが出ることはないでしょう。

 みゆきさんは12月に3年ぶりの新曲をリリース。来年2月か3月には拓郎さんも参加したニューアルバムを出す予定ですが、“紅白より大掃除”を優先するタイプです」(前出・放送記者)

 今年、11年ぶりにオリジナルアルバム『SOFTLY』を発表した山下達郎(69才)は顔出しのテレビ出演はNG。紅白の演出にも否定的で、妻の竹内まりや(67才)が特別枠で出演した2019年、別のコーナーで展開された「AI美空ひばり」を“冒とくです”と批判したこともあった。

 1982年に日本武道館で最後のコンサートを行ったのが小田和正(75才)が率いたオフコース。NHKは今年、40年前の映像をBS4Kで放送するなどして水を向けてきたが、1991年に『ラブ・ストーリーは突然に』が社会現象になったときでさえ、小田は出場を頑なに拒否した。

「かつて後輩のバンドの初出場が決まったとき小田さんは『君は紅白に“偏見”はないのか?』と尋ねたことがあるそうです。その後も頑なにオファーを断り続けています」(前出・放送記者)

 粘り強い交渉で出場を勝ち取れるか。

※女性セブン2022年12月8日号

関連記事

トピックス

秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
『舞いあがれ』、目黒蓮登場の新章でメイン脚本家交代に賛否 SNSでは反省会が盛んに
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン
女優・倉科カナの笑顔に周囲もメロメロ
倉科カナ、撮り直しでも笑顔絶やさぬロケ現場 周囲をメロメロにする“カノーラ”の魅力
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
イケメンとしても有名だった丸山容疑者
【妻殺害容疑の長野県議】地元では以前から「逮捕Xデーはいつか」と話題になっていた
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン