国内

社会学者・宮台真司氏、襲撃被害の直前にツイッターユーザーと交わした過激な議論

舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)

舌鋒鋭い発言が特徴の社会学者・宮台真司氏(写真/共同通信社)

 11月29日夕方、東京都立大のキャンパスで同大教授の社会学者・宮台真司氏が首などを切られ重傷を負う事件が発生した。

「宮台さんは授業直後、帰宅するために歩いていたところ、男に後ろから頭を殴られた上、刃物で首や左脇などを複数回切り付けられた。男は逃走中(12月1日時点)で宮台さんも『暗がりだったので犯人については分からない』と説明していますが、目撃情報から20~30代の若者とみられている」(全国紙社会部記者)

 宮台氏は1990年代、社会現象になっていた女子高校生による「援助交際ブーム」に切り込む気鋭の社会学者として注目を浴びた。援助交際を行なう女子高校生を取材した著書『制服少女たちの選択』はベストセラーに。以降、多くのメディアで社会や政治を論評していたが、「クズ」「ヘタレ」と舌鋒鋭い発言が賛否を呼ぶこともあった。

 事件当日もニュースキャスターの安藤優子氏と「タワマンに住むのは幸せか」というテーマで対談した動画での発言について、ツイッターでユーザーと議論を交わしていた。

〈(タワマンに住むと)無刺激症候群になる〉
〈俺は金があるんだといってタワマンの上層に住む人はノータリン。頓馬〉

 動画で社会学の観点からこう発言していたところ、一部のユーザーから批判が寄せられる。切り取られた言葉しか見ていないユーザーに宮台氏は〈文脈を読め。頭わるいの?〉〈究極の頓馬を発見したので、さらします〉などと連日、応対していた。

 宮台氏は過激なワードをちりばめながら、「クソ社会」への警鐘を続けてきたという。

〈簡単に言うと『僕が経験した社会の劣化ってなんなんだろう?』ということが疑問になって。もともと国家権力で日本社会の権力の歴史を研究していた昔とった杵柄もあるので、そこは分析できるんじゃないかと思っていろいろ作業するようになった〉(教育ジャーナリスト・おおたとしまさ氏の著書『麻布という不治の病』より)

 犯行には、宮台氏のスケジュールを事前に把握するなど計画性が窺える。これもまた、宮台氏が説く「社会の劣化」の現われなのか。

※週刊ポスト2022年12月16日号


関連記事

トピックス

問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
中谷美紀
中谷美紀「2010年からお砂糖を摂取していません」砂糖断ち生活で何が変わるのか
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
EXITのふたり
EXIT・兼近大樹、指南役「ルフィ」との関係に相方・りんたろー。が沈黙を守り続ける理由
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
BTS、三浦翔平、岩田剛典…パリ・ファッションウィークに集結した豪華メンバー
女性セブン