スポーツ

《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)

自撮りする岡本容疑者(インスタグラムより)

 人気格闘家の那須川天心や武尊の直筆サイン入りポスターを偽造して、インターネットオークションの落札者から現金約10万円をだまし取ったとして、兵庫県警垂水署は12月5日、岡本璃奈容疑者(28)を詐欺の疑いで逮捕した。岡本容疑者は「ぱんちゃん璃奈」のリングネームでキックボクサーとして活動し、「KNOCK OUT」や「RIZIN」に参戦していた。

 岡本容疑者は2019年2月にプロデビュー。身長165センチの長いリーチから繰り出すキックを武器に、デビュー以来13戦13勝(2KO)という輝かしい戦績を打ち立てた。人気の秘密は、そのルックスにもある。

「ぱんちゃんの容姿は、芸能界でも通用するレベルです。小学6年生のとき、AKB48の第1期生オーディションを受けて、最終選考まで進みました。しかも最終選考で不合格になったわけではなく、本人が辞退したそうですから、アイドルになっていた可能性も十分にありますね。今年6月に出版された初写真集『虹色ぱんちゃん』(ジーオーティー)も好評です」(格闘ライター)

 岡本容疑者とは、一体どんな人物だったのか? 大阪府豊中市の出身で、学生時代は水泳と陸上に打ち込んだ。しかし、ケガをきっかけに高校を中退。バイトを転々とし、コンパニオンやモデルの仕事などで食いつないだ。

「バイトはどれも1か月ほどしか続かなかったそうです。ぱんちゃん本人が『愛想がいいから面接は通るけど、あまりにミスが多くてシフトがだんだん減っていく』と笑い話的に語っていました。カラオケ店や居酒屋など、なんと40個ものバイトを経験しましたが、パチンコ店の仕事はわりと好きだったそうです。『彼氏の影響でパチンコにハマっていたから』とのことです」(前出・格闘ライター)

 うだつの上がらない日々が続いていたが、上京後にフィットネス目的で始めたキックボクシングにのめり込み、今に至る。実力とルックスを兼ね備えた選手として人気を誇り、メディアでは明るい笑顔を振りまいていたが、意外な一面もあったらしい。

「格闘技関係者からのぱんちゃんの評判はさまざまです。SNSやYouTubeで見せる姿と違って、普段は不機嫌なときが多くて近寄りがたいこともあるそうです。ある関係者は、『ぱんちゃんは、いつも怒っている』とこぼしていました……」(別の格闘ライター)

関連キーワード

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン