国内

【露天風呂盗撮グループ】逮捕の公安調査庁31歳男 仲間が捕まってもポーカーフェイス「職場では平然」庁舎にガサ入れも

公安調査庁が入る中央合同庁舎(時事通信フォト)

公安調査庁が入る中央合同庁舎(時事通信フォト)

 露天風呂をターゲットにした組織的な盗撮事件に、新たな動きがあった。静岡県警は1月24日、建造物侵入の疑いで公安調査庁調査第二部に勤める津田奨太容疑者(31歳)を逮捕した。津田容疑者は盗撮グループの一員で、女性を撮影する目的で入浴施設に侵入した疑いが持たれている。

 この事件をめぐっては、津田容疑者の勤務先である公安調査庁にも家宅捜索が入ったことが報じられている。公共の安全を守るはずの公調が“捜査対象”になるという異例の展開だ。

 問題の盗撮マニアグループは全国各地で活動してきたと見られており、今回の逮捕容疑は2020年3月に、兵庫県内の入浴施設内で、女性3人の入浴前後の姿を撮影することを目的に施設に立ち入った疑いがあるというもの。逮捕者はこれで13人にものぼる。

 すでに逮捕・起訴されている別のメンバーが200メートルも離れた山林から望遠レンズつきカメラで被害女性の裸を撮影し、津田容疑者は入浴前の女性に近づいて服を着ている姿を撮影する担当だったとされる。服を着ている姿と着ていない姿を並べて動画編集しメンバー内で共有していたとみられており、卑劣な犯行だ。公調関係者が語る。

「津田容疑者は公安調査庁第二部の主任調査官で、韓国の北韓大学院大学に長期で出張するなど朝鮮半島をメインに研究をしていました。現在は、北朝鮮の国内動向の分析をする立場。超エリートコースというわけではありませんが勤務態度は真面目で、問題などは聞いていません。庁内ではどちらかというと目立たない存在でした」

 公安調査庁といえば諜報機関のひとつであり、スパイとしての役割もあるとされている。津田容疑者は盗撮グループのメンバーという“もう一つの顔”があったわけだが、もちろん、職場ではそんなことはおくびにも出さなかった。前出の公調関係者はこう語る。

「盗撮グループの仲間が芋づる式に12人も逮捕されていて、『次は自分かも』と生きた心地がしなかったはずですが、そんな様子はまったくなく平然としていました。インテリジェンスの仕事をしているだけある、さすがのポーカーフェイスといいますか……そんな能力は仕事に使うべきだったのですが。被害に遭った女性には申し訳ないとしかいいようがありません」

 すでに同グループでの公務員の逮捕者は3人。静岡県警は、余罪の有無を含めて慎重に捜査を進めている。

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン