ライフ

糖尿病対策として実践したい朝食メニュー「トマトみそ汁」「キノコの玄米炊き込みご飯」

健康のためには朝食もしっかり考えたい(イメージ)

糖尿病対策のためには朝食もしっかり考えたい(イメージ)

 ヨーロッパの諺に「朝食は金、昼食は銀、夕食は銅」とあるほど、朝食は重要なものだ。だからこそ、朝食メニューを工夫すれば、さまざまな生活習慣病の予防・改善が期待できるという。そこで、健康のための朝食メニューについて、栄養、食生活管理のプロフェッショナルに話を聞いた。

 管理栄養士の望月理恵子氏は、糖尿病対策の朝食として、自らも実践するトマトみそ汁を強く推す。

「血糖値コントロールが鍵を握る糖尿病対策に、トマトみそ汁は最適です。トマトに含まれるリコピンは、(食後血糖値の上昇を緩やかにする)インスリンの作用を高めるアディポネクチンを増やすとされます。また、味噌に含まれるメラノイジンや大豆イソフラボンも、糖の吸収スピードを抑えてインスリンの働きを活性化するとされます」

 作り方は至ってシンプル。リコピンがより吸収しやすくなるトマトジュースと水を1対1で割り、顆粒だしを加えて味噌を足すだけだという。タンパク質摂取のために溶き卵を入れると一層美味しく、栄養が摂れるという。

「食物繊維が豊富なオクラと温野菜のサラダもお勧めです。オクラのネバネバの正体は、ペクチンという水溶性食物繊維。ペクチンには血糖値上昇を抑える働きがあるとされています。その温野菜サラダを味噌と豆腐で作ったディップをつけて食べれば味もよく、タンパク質も摂取できて一石二鳥です。また、朝食で食物繊維が豊富な食材を摂ると、食後高血糖が抑えられるだけでなく、昼食後の血糖値まで抑える『セカンドミール効果』も期待できます」(望月氏)

 食物繊維を多く摂るために管理栄養士の岡田明子氏が勧めるのは、キノコの玄米炊き込みご飯だ。

「糖尿病対策の基本は主食・主菜・副菜の3つを揃えるバランス食ですが、食後血糖値の上昇を示す指標『GI値』の低い食品を摂ることでも、リスクが軽減できるとされています。そこで、まず主食を白米よりGI値が低く食物繊維が豊富な玄米に変え、同じく食物繊維を多く含むキノコ類を使った炊き込みご飯にすれば、余分な糖質を体外に排出する働きが期待できます」

 朝から炊き込みご飯を準備するのはハードルが高いという人は、コンビニでも売られるチャーハンおにぎりで十分だという。

「チャーハンはお米が油でコーティングされているので、血糖値の上昇は緩やかになります。カロリーは高めですが、おにぎりの個数を決めておけば食べ過ぎの心配もありません。自作する場合は、野菜やキノコなどを入れて嵩増しすることで、カロリーを抑えつつ食物繊維などの栄養を摂ることができます」(岡田氏)

関連記事

トピックス

《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
《溢れる動物愛》三浦百恵さん、飼い始めて10年以上の“巨大ガメ”が産卵 2匹のトイプードルの毎日の散歩は三浦友和とともに
女性セブン
ハーゲンダッツ ジャパンの新商品発表会に登壇した小松菜奈
【8.5頭身の圧巻スタイル】小松菜奈「紫色のスレンダーボディ」「出会った人すべてが恋に落ちる」どうしようもない魅力
女性セブン
田村瑠奈被告
【テキーラに浮かぶ眼球】ススキノ事件・瑠奈被告(30)が愛した「怪談バー」 ずっしりと重い“人の生首”も 逮捕直前、夫婦が行きつけの店で交わした会話
NEWSポストセブン
問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン