ライフ

糖尿病対策として実践したい朝食メニュー「トマトみそ汁」「キノコの玄米炊き込みご飯」

健康のためには朝食もしっかり考えたい(イメージ)

糖尿病対策のためには朝食もしっかり考えたい(イメージ)

 ヨーロッパの諺に「朝食は金、昼食は銀、夕食は銅」とあるほど、朝食は重要なものだ。だからこそ、朝食メニューを工夫すれば、さまざまな生活習慣病の予防・改善が期待できるという。そこで、健康のための朝食メニューについて、栄養、食生活管理のプロフェッショナルに話を聞いた。

 管理栄養士の望月理恵子氏は、糖尿病対策の朝食として、自らも実践するトマトみそ汁を強く推す。

「血糖値コントロールが鍵を握る糖尿病対策に、トマトみそ汁は最適です。トマトに含まれるリコピンは、(食後血糖値の上昇を緩やかにする)インスリンの作用を高めるアディポネクチンを増やすとされます。また、味噌に含まれるメラノイジンや大豆イソフラボンも、糖の吸収スピードを抑えてインスリンの働きを活性化するとされます」

 作り方は至ってシンプル。リコピンがより吸収しやすくなるトマトジュースと水を1対1で割り、顆粒だしを加えて味噌を足すだけだという。タンパク質摂取のために溶き卵を入れると一層美味しく、栄養が摂れるという。

「食物繊維が豊富なオクラと温野菜のサラダもお勧めです。オクラのネバネバの正体は、ペクチンという水溶性食物繊維。ペクチンには血糖値上昇を抑える働きがあるとされています。その温野菜サラダを味噌と豆腐で作ったディップをつけて食べれば味もよく、タンパク質も摂取できて一石二鳥です。また、朝食で食物繊維が豊富な食材を摂ると、食後高血糖が抑えられるだけでなく、昼食後の血糖値まで抑える『セカンドミール効果』も期待できます」(望月氏)

 食物繊維を多く摂るために管理栄養士の岡田明子氏が勧めるのは、キノコの玄米炊き込みご飯だ。

「糖尿病対策の基本は主食・主菜・副菜の3つを揃えるバランス食ですが、食後血糖値の上昇を示す指標『GI値』の低い食品を摂ることでも、リスクが軽減できるとされています。そこで、まず主食を白米よりGI値が低く食物繊維が豊富な玄米に変え、同じく食物繊維を多く含むキノコ類を使った炊き込みご飯にすれば、余分な糖質を体外に排出する働きが期待できます」

 朝から炊き込みご飯を準備するのはハードルが高いという人は、コンビニでも売られるチャーハンおにぎりで十分だという。

「チャーハンはお米が油でコーティングされているので、血糖値の上昇は緩やかになります。カロリーは高めですが、おにぎりの個数を決めておけば食べ過ぎの心配もありません。自作する場合は、野菜やキノコなどを入れて嵩増しすることで、カロリーを抑えつつ食物繊維などの栄養を摂ることができます」(岡田氏)

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン